汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代。都内勤務の自他共に認める悲しき社畜です。サラリーマンの哀愁、世相、子供のことなど何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【コロナ影響】在宅勤務は日本の会社を変えるか?

スポンサーリンク



在宅勤務(テレワーク)になって2週間が過ぎました。

取引先の状況を見ていると、都内に本社のある会社(それなりの規模の会社だけかもしれませんが)は、時期の違いが多少あるかもしれませんが、だいたい在宅勤務になっているようです。

そろそろ良い頃合いなので、ここらでちょっと在宅勤務の総括をしてみたいと思います。題して、「在宅勤務は日本の会社を変えるか?」 笑(←大袈裟)。

業務全体が効率化している

殆どの会社の在宅勤務は、“なんちゃって”です。つまり完全な自宅隔離ではなく、上司の許可があれば出勤可能とか、大人数の会議のみ禁止とか、飲み会“自粛”とか、出張“原則”禁止とか、かなり曖昧な運用にしています。これが新型コロナ対策として良いかどうかは置いておいて、一応、“原則禁止”なわけなので、会社によって温度差あれど、相当不要不急のことがなければ在宅勤務になっているはずです。

今はちょうど年度末なので、来年度に向けた交渉を他社としている方も多いと思います。交渉事なので通常であれば当然“面談”でネゴを進めているところですが、今は原則在宅ですからメールやWEB会議で交渉事を進めている方が多いと思います。ただ、交渉事は時にはハードネゴになったり、微妙なニュアンスを汲み取ったりしなければないないこともあるので、さすがに全てをメール、WEBで済ますことは難しい。

よって、まずはメールやWEBで交渉を進め、本当に必要な最終局面でのみ実際の面談を実施している方も多いと思います。つまり最終局面だけを“不要不急”と判断する。

リーマンの方はよくご存知のとおり面談は双方に多大なロスを発生させます。行く方は移動する時間が取られ、面談すれば無駄話をすることもあり、時には紙の資料が必要になることもある。しかもせっかく面談しても何も決まらないことも多々あり・・・。直の面談って実は無駄の塊なんですよね。

今回の在宅勤務によって、難易度の高い“他社との交渉”であっても、最小限の面談で物事が進められるということが図らずも分かってしまったのです

社員のフットワークが軽くなっている

多くの在宅勤務者は、自宅でPCの前に座り黙々と作業を進めるのがメインになっていると思います。在宅なので、とにかく同僚や取引先に物理的に会えないわけです。通常であればいつでも同僚や取引先に会えるわけなので、何か確認事項があっても「まあ、明日聞けばいいや」、「次回の面談時でいいや」となることも多いと思います。

しかし、今やいつ会えるか分からない状況。

すると不思議なことに、「今でしょ!」って感じに、みんなが確認すべきことは速攻で確認するようになったように思えます。ある意味、普通に会えているときもよりもフットワークが軽くなっているような。

これも間違いなく効率化に資していると感じます。雑務がなくなっているのも大きいですね。目の前の本当にやらなければいけないことにのみ集中できる。このぜい肉がそぎ落とされた状態は悪くない。やるべきことにのみ集中できて、かつ、効率的になっている、良い姿だと思います。

何よりも通勤電車で疲弊しない

都内通勤リーマンの最大の悩み。満員電車。月並みですが、これがないのが一番でかい。もはや説明の必要もないかもしれませんが、毎日の通勤ラッシュで間違いなく一日の体力の1/3は持っていかれている。

この分の“疲弊”がまるまる無くなったのです。

今から思えば、あの通勤ラッシュは何か儀式の類ようにも思えてきました。今や最も不必要なものだとはっきり認識できました。体力を失うわ、不快だわ、チカン冤罪リスクがあるわ、今ではコロナ感染リスクがあるわ、で、何だったんだろう、あの日々・・・。ただの我慢大会。

更にあの通勤の2時間を他のことに有効活用できるようになります。

社畜が初めてワークライフバランスを意識した瞬間 笑。

多くの方は、家族とのコミュニケーションが増えるし、趣味に没頭する時間も増えるし、仕事終了の瞬間から私生活に移行できるし、あの2時間がないだけで生活がこんなに充実するなんて、と感じているはず。まあ、僕は特に趣味もないので、専ら通勤による体力ロスがなくなることに恩恵を感じているだけですが。

本日は3つほど挙げてみましたが、間違いなく在宅勤務は日本の会社の生産性を改善するはずです。せっかくの“仕事のやり方”を変えるチャンスです。経営者には、このまたとない機会を逃してほしくはないですね・・・。

ではまた!今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク