汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代。都内勤務の自他共に認める悲しき社畜です。サラリーマンの哀愁、世相、子供のことなど何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

覚醒剤逮捕の槇原敬之さんは叩かれなくて不倫芸能人が抹殺される理由

スポンサーリンク



また槇原敬之さんがやってしまいました、覚醒剤。前回逮捕から20年。すっかり断ち切ったと信じていました。僕は槇原敬之さんのファンではありませんが、けっこうショックですね。

なぜショックなのか?

その前に今回の槇原敬之さん逮捕に街の声は、「嘘であってほしい」、「残念です。悲し過ぎます。」、「ずっと好きだったのに」と、比較的サポーティブなコメントが多い。

ここで、先日の東出昌大さん、唐田えりかさんの不倫騒動を思い出してほしい。まあ〜、凄まじい批判のオンパレードでした。もう社会から抹殺せんぐらいの勢いで。

興味深い。もちろんどちらもやったかどうか分からない前提ですが、覚醒剤所持使用は立派な犯罪であるのに対して不倫は犯罪ではありません

なぜ罪なき人に罵詈雑言が浴びせられ、犯罪者に温かいコメントが寄せられるんだ?

意味不明です。本来罪を犯した槇原敬之さんの方が厳しくバッシングされるべき。

ところがです。冒頭言ったとおり、槇原敬之さんのファンではない僕ですら少なからずショックを受けている。繰り返しになりますが、

なぜショックなのか?

やはり人間は輝ける才能を欲するからなんだと思う。

槇原敬之さんは、だれもが認める名曲を世に残してきた。「世界に一つだけの花」なんて一体何食ったらこんな名曲作れるの?って感じです(←覚醒剤?)

例えば未だにマイケルジョーダンとかイチローなんかの動画がたくさん再生されるのは、人間は輝ける才に触れて震えるような感動を覚えたい生き物なのかも知れません。それは嫉妬すら凌駕するような感情だと思います。豊かな才能に触れる喜び。

だからその才能が消えゆくのがたまらなく寂しいのかも。

一方、東出昌大さんや唐田えりかさんは、まだまだそんな有名な俳優ではない。演技が評価されているわけでもない(一定の評価があったらごめんなさい)。つまり民衆からしたらどうでもいい存在。だから叩く!

沢尻エリカさんに一定の擁護論があるのと同じ。

ほんと人間は不平等に出来ているわ。そしてそんな悲しみを抱えながら今日も残業をしている社畜でした!



ではまた!今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク