汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代。都内勤務の自他共に認める悲しき社畜です。サラリーマンの哀愁、世相、子供のことなど何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

駅前で宗教の勧誘をしている人の笑顔が怖い

スポンサーリンク



いいんですよ、どんな宗教を信じても。日本には戦前の反省から信教の自由があるし。

でも、でもですね。やっぱり凄まじい違和感が。違和感があるんです。今の世の中、出血多量の患者は輸血しないと死ぬんです。地球は平じゃないの。空中に浮遊できる人もいないし、悟りを開くことは不可能なんです。牛を食べたって何も起こらないし、来世なんてない。

もちろん反論は可能。来世があるかないかなんて悪魔の証明ですし。

しかし、これだけ科学が発達したんです。宇宙の始めや終わりまで解明されようとしてるんです。いくら前頭葉が発達してたって、

所詮はヒトの営みにすぎないことを理解しないと!

なぜ想像の産物だってことが分からないのか。

駅前で宗教の勧誘をしている人を見たことがありますよね?あの笑顔がたまらなく怖い。

固定の価値観に縛られた人生でいいの?価値観なんて多様なんだよ。なぜなら結局ヒトの頭の中の想像に過ぎないのだから。

この世の中、定量的に表せないもがあると思っているのか?ヒトの心も単なる電気信号だぞ。

世の中、何かの価値観に固執することほど罪なことはないと思う。なぜならその価値観に反するヒトを否定することになるのだから。

もういいじゃん、宗教。役割は終わったんだ。宗教に縛られず、自分を信じて生きていけばいい。

いろいろな価値観を受け入れることが重要。そのためにはまずは固定された価値観がこの世からなくならないと。

価値観は相対的なもの。こんな簡単なことが分からないようでは、人類の未来は暗い。

いつまで数千年前の処世術に固執しているの?もちろんあの時代は宗教は必要だったと思う。日食や月食に何か特別な意味があると考えていた時代だ。医学なんてエセだったし。そりゃすがるよ、みんな。

反論がありそう。「ヒトは本来弱い生き物。何かにすがるしかないんだ。」

それはその通り。僕も弱い。でも明らかに不条理なものにすがるのはダメだろう。医学の力でヒトは永遠の命を手に入れる可能性はあるが、間違いなく地球はなくなるし、宇宙にも寿命がある。我々の想像の産物は虚しく消え去るの。

宗教なんて現実逃避の価値観でしょ?皆んながあり得そうな現実を直視して初めて世界が平和になれる土壌が築かれると思うのです。

すみません、社畜のくせに、お休みなもんでつい概念的な語りをしてしまいました。

ではまた!今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク