汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代。都内勤務の自他共に認める悲しき社畜です。サラリーマンの哀愁、世相、子供のことなど何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【中学生機関砲操作】教師のタブー視ラブは子供の成長を阻む

スポンサーリンク



京都府舞鶴市の中学生が10月上旬、職場体験で訪れた海上自衛隊の艦艇で、機関砲の模擬体験をしていたことが29日までに分かった。市教育委員会などは「問題はない」としているが、自衛隊員が扱う火器を中学生が操作することを疑問視する声も上がっている。市教職員組合は17日、「人を殺傷する能力がある銃器を公教育の場で生徒が使用することは許されない」として、事実関係の徹底調査や自衛隊で職場体験をしないよう求める要望書を市教委に提出した。



ちょっとこの記事、教育委員会と抗議をした教職員組合の関係がよく分からないのですが、どちらも一応教育者ですよね?片方が「問題ない」と言って、もう片方が「許されない」という見解なんですね。教育とはなかなか難しいものですな。

さておき、この職場体験、僕はとてもいいことだと思います

職場体験で自衛隊の艦艇を訪問することも、機関砲の模擬体験もいいことじゃないですか。

中学生が日本国を守っている自衛隊を理解することは素晴らしいことです。また、人を殺傷する能力がある兵器がどのようなものか実物を触ってみることも非常に重要だと考えます。

兵器を触ることにより、本人が何を感じるか。男の子なら「かっこいい」と思うだけかもしれません。また、「恐ろしい」と感じた人もいたでしょう。いずれにしても、国防の最前線の臨場感に触れて、少しでも何か考えることに意味がないとは思えない。

こういう体験ぐらいしか、戦争とは?、国と国とは?、人を殺すとは?、こんなことを考える機会なんてないでしょ?

性教育に消極的なこともそうですが、どうも日本のセンセイは、汚いモノに蓋をしているというか、タブー視ラブというか、そんな姿勢を感じます。

実際に、自衛隊は日々国を守るために活動しているのですよ。そして中学生だって、あと数年したら自衛隊に入隊する子だっている。

兵器はプロだけが分かっていればよくて、国民が無理解でいいはずはない。中学生はもうガキではないし。

こういう無理解が、自衛隊のポジションを微妙なものにしている。

何度もいいますが、自衛隊は、実際に国を守っている。国のために日々戦っているのです。

サラリーマンと違い、命をかけているのです。

それを理解するチャンスなのに・・・。やはり教師という人種は難しい。

もしかしたら親からのクレームを恐れているのかもしれませんが。

僕としては、子供にはどんどんこんな体験をさせるべきだと思います。

そして、それから何かを感じ取ったり、考え抜いたりすることが子供の成長に資するのでは、と考えます。



ではまた!今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク