汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代。都内勤務の自他共に認める悲しき社畜です。サラリーマンの哀愁、世相、子供のことなど何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【岩国トロッコ問題】小学生には酷だが人生には役立つ題材

スポンサーリンク



死ぬのは5人か、1人か…授業で「トロッコ問題」 岩国の小中学校が保護者に謝罪 - 毎日新聞

山口県岩国市立東小と東中で、「多数の犠牲を防ぐためには1人が死んでもいいのか」を問う思考実験「トロッコ問題」を資料にした授業があり、児童の保護者から「授業に不安を感じている」との指摘を受けて、両校の校長が授業内容を確認していなかったとして、児童・生徒の保護者に文書で謝罪した。 市教委青少年課によると、授業は5月に東中の2、3年生徒、東小5、6年児童の計331人を対象に「学級活動」の時間(小学校45分、中学校50分)であった。同じスクールカウンセラーが担当し、トロッコ問題が記されたプリントを配布して授業した。 プリントは、トロッコが進む線路の先が左右に分岐し、一方の線路には5人、もう一方には1人が縛られて横たわり、分岐点にレバーを握る人物の姿が描かれたイラスト入り。「このまま進めば5人が線路上に横たわっている。あなたがレバーを引けば1人が横たわっているだけの道になる。トロッコにブレーキはついていない。あなたはレバーを引きますか、そのままにしますか」との質問があり「何もせずに5人が死ぬ運命」と「自分でレバーを引いて1人が死ぬ運命」の選択肢が書かれていた。 授業は、選択に困ったり、不安を感じたりした場合に、周りに助けを求めることの大切さを知ってもらうのが狙いで、トロッコ問題で回答は求めなかったという。しかし、児童の保護者が6月、「授業で不安を感じている」と東小と市教委に説明を求めた。両校で児童・生徒に緊急アンケートをしたところ、東小で数人の児童が不安を訴えた。



皆さん、岩国の小学校の授業でのこの問題を覚えているでしょうか。ご存知の方も多いと思いますが、この「トロッコ問題」は、イギリスの女性哲学者フィリッパ・フットが世に投げかけた有名な命題です。ハーバード大学のマイケル・サンデル教授の「白熱教室」でも取り上げられていますよね(YouTubeで見れます)。

哲学の問題なので、「正義」とは何か?、善悪とは何か?を考える思考実験の題材です。

この岩国の問題は、保護者からのクレームにより学校は謝罪したようですが、巷ではいろいろ賛否両論あるようです。

僕自身は、子供にこのような思考実験、議論をさせることは素晴らしいことだと思っています。実際、小学生の自分の子供とも「トロッコ問題」を出して議論したことがあります。では、この岩国での授業の何が悪くて何が良いのか自分なりに考えてみました。

人の命を題材にしたことはまずかった

もちろん“命の大切さ”を考えさせることは子供にとって意義のあることかもしれませんが、

この「トロッコ問題」・・・どっちを選ぼうが悲劇しか待っていないんですよね。必ず人が死にます。5人か1人かの違いだけです。

人が死ぬとなると、子供でもありますし、必ず生理的にNGな人が出てきます。この岩国問題の一番マズかったところは、ここです。人を含めた生物の命系は、理屈ではなく、生理的な問題なので、そこには配慮しなければいけなかった。その点に関しては、クレームする親の気持ちが分からなくもありません。うちの子供も「トロッコ問題」を議論したとき、最終的には「怖いから止めて!」みたいな反応になってしまいました。

僕個人としては、「人の命は地球より重い」みたいな言葉もありますが、全く人の命が重いなんて思っていません。これは人類の欺瞞だと思っています。人類なんて、単なる広大な宇宙のなかの米粒にもならない銀河系のこれまた米粒にもならない太陽系の一惑星にいる生物にすぎません。

犯罪予防の観点で命の大切さを教えるのはいいですが、本質的には人類は宇宙の歴史のなかの一過性の存在だと思っています。これを親として子供にどう伝えるかは悩ましいですが・・・。

命の問題を除けば、命題としては素晴らしい

この「トロッコ問題」、倫理ジレンマの命題としてとらえるから面倒なのであって、人生を勝ち抜くための鍛錬という意味では非常に良い問いかけだと思っています。

なぜなら、この問題は、答えがないから。

世の中、正解がない問題がたくさんあります。大人になったら、答えのない問題を何度も乗り越えていかなければいけません。子供のうちから、そのような難問に挑むことは将来のために絶対に役立つ。具体的には以下のプロセスです。

①自分なりの理想、あるべき姿を設定する。

②理想を考えながらも、妥協点(制約条件)を考え現実的な解決策を策定する。

③その解決策を実行に移す。



この思考方法は、人生でもビジネスでも非常に役立つと思います。一番大事なのは①で、これがないと単に妥協しながら生きていく人間になってしまいます。まずは理想の設定、これが重要かと。

そしてこの「トロッコ問題」、正解がない問いなので、この「理想」の設定がとても難しい。これを考え抜くことがとても大事。間違いなく子供の成長に資すはずですよね。

決まった答えがないなかで意思決定しなければいけない。人生そのものですよね!

ではまた!今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク