汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代。都内勤務の自他共に認める悲しき社畜です。サラリーマンの哀愁、世相、子供のことなど何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

なぜサラリーマンは飲み会が大好きなのか?

スポンサーリンク



平日夜6時以降の居酒屋を見ればお分かりのとおり、

サラリーマンであふれかえっています!(←その中に僕もいます!)

「会社の飲み会なんて上司の悪口ばかりで生産性がない」

「そんなの行くヒマがあったら、自分のために時間を使いたい」

「固定メンバーで同じ話しばかり。つまらん!」

こんな意見もありますし、

この頃は、プライベート優先で会社の飲み会に参加しない人が増えていると言われていますが・・・

繰り返しますが、夜の居酒屋を見て下さい 笑。

やっぱりサラリーマンで賑わっています。しかも、おじさんだけではなく、若い人も女性もたくさんいますよね。

この光景を見ると、サラリーマンが飲みに行かなくなったら、都会の80%の居酒屋はつぶれるのではないか?と思ってしまう。

しかしまぁ、なんでサラリーマンはこんなに飲み会が好きなのか?

耳をダンボにして、酔っ払いサラリーマンの会話を聞いていると・・・どのグループも似たような話題で盛り上がっています。

僕の独断も入っているかもしれませんが、大体この3つじゃないですかね?

  • 上司の悪口(〇〇部長って分かってないんだよなぁ~💢)

  • 人事の話(〇〇が課長になるらしいぞ。××が飛ばされるらしい)

  • 職場の人間関係の話(〇〇と××は仲悪いらしいぞ。)



書いてみて改めて思ったのですが・・・本当どうしよーもない話題 笑。

さておき、この3つを見て気づいたのですが、

仕事の話よりも人の話なんですね。

上司、人事異動、人間関係ですものね。

サラリーマンって仕事をしに会社に行っているはずなのですが、結局、仕事を進めているのは人なので、どうしても人に焦点が当たる。

そして、なんで夜な夜なこんな話題で酔っぱらっているのか?、サラリーマンは。もちろんストレス解消もあるでしょう。上司の悪口なんて人事査定権のある本人に直接言えない。悪口を言っているだけで、本人にとっては間違いなくストレス解消になっているはずです。

ただ、上司とは関係のない同僚などの異動、出世の話や人間関係で盛り上がれるのは、

おそらく承認欲求なんでしょうね。

人の話をすることによって、自分の立ち位置を確認したいのだと思います。もっと言うと自分の立ち位置が安全安心だと担保がほしいのではないでしょうか。

サラリーマンは哀れな集団社会。起きている時間の殆どを過ごすのが職場。

そこでの立ち位置が不安定なことほど不安になることはありません。

飲み仲間の意見を慎重に(酔っ払いながら)解析して、自分のポジションが安心できるものかどうか判断しているのではないでしょうか。

なぜ飲み会でやるのか?

昼間は仕事が忙しいので、そんな他者とのポジションチェックしている時間なんて無いからでしょう。

人はひとりでは生きられない。よく言ったものです。

サラリーマンは飲みながらも頑張っているのです。

そして僕もまた飲み会に行くのでした・・・。



ではまた!今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク