汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代。都内勤務の自他共に認める悲しき社畜です。サラリーマンの哀愁、世相、子供のことなど何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

二次元競技は世界的スポーツにならないという仮説

スポンサーリンク



今日は少し毛色が違うお話です。

世界的に人気なスポーツかどうかの目安として、プロがどのぐらい稼いでいるかで判断していいと思います。

プロが稼いでいるということは、その競技が金を集められるということで、世界中にファンがたくさんいるということ。

「世界で最も稼ぐスポーツ選手2018」をみると、

「世界で最も稼ぐスポーツ選手」、メイウェザーが4度目の首位 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

サッカー

野球

アメフト

テニス

ゴルフ



あたりが上位。まあ、想定内の結果ですよね。だれもが知ってる世界的な人気スポーツばかりです。

これらの人気スポーツだと、何十億円、何百億円稼ぐプレーヤーがゴロゴロいます。有名になると企業がスポンサーについたりしますので、実際は年俸や賞金以上に稼いでいるトッププレーヤーもたくさんいますよね。

世界的な人気スポーツになる要件は何でしょうか?

まあ、そのスポーツの歴史的な経緯や、だれもが比較的気軽に楽しめることや、競技の内容が分かりやすいことなど、複合要因なんだと思いますが、

一つ僕が思う大切な要素は、三次元のスポーツであることです。

つまり地面をコロコロしているだけではなく、空中も活用するスポーツである必要があると思うのです。

話は変わりますが、僕はビリヤードが大好きでした。10年前にやめてしまいましたが、当時は平日は練習、毎週末にはトーナメントにも出場していました。

日本では人気イマイチのビリヤード(たまにブームがくるが)ですが、アメリカ、ヨーロッパ、フィリピンなどではポピュラーなスポーツで、世界的な大会も多数あります。今なら気軽にYouTubeで見ることができます。

そんなビリヤードですが、最大級の大会であるUSオープンでさえ、優勝賞金500万円程度です。

なぜビリヤードが世界的人気スポーツになり得ないか、いろいろ理由があると思います。思いつくままに書いてみます。

  • 気軽に楽しめない(ビリヤード場に行かないといけない)

  • 分かりにくい(何がスーパーショットか素人には分からない)

  • スポーツというより、ギャンブルやゲームの匂いがする(学校では教えてくれません)



こんな感じでしょか。

しかし何よりビリヤードが世界的人気スポーツにならないのは、やはり二次元スポーツだからだと思います。

ジャンプショットがあるだろう!という屁理屈は置いておいて、ご存知の通り、ビリヤードは地面ゴロゴロ系のスポーツです。

他に何がありますかね?地面ゴロゴロ系。

ボーリング

カーリング

ゲートボール



あとは・・・あまり思いつきません(球技を中心に考えてるからですかね)。

では、なぜ二次元ではダメなのか?

まあ、単純にダイナミックさに欠けるから?でしょうか。

人々が熱中するのに、空中が加わるのは必須なように思えます。人間は普段地面をテクテク歩く生き物ですから、鳥のように自由に空を飛べることに憧れを抱いてきました。

空はワクワクするもの、人間の本能をくすぐるのではないですかね?

すみません、何でこんな話しになったのかというと、自分がたまたま好きになった、熱中したスポーツがワールドワイドじゃないことに少し僻みがあるみたいです💧

どんな分野でも極めればすごいのは分かってますが、なんか悔しい!

そんなことを出張先の中国の片田舎で考えいました。



ではまた!今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク