汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代。都内勤務の自他共に認める悲しき社畜です。サラリーマンの哀愁、世相、子供のことなど何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【大津園児死亡交通事故】やはりマスコミには制裁が必要

スポンサーリンク



社会的にみれば、既存マスコミ(在京キー局・その系列及び大手新聞社・通信社のこと)には存在意義があると思っています。やはり国家権力は暴走するもので、いくら現代社会が個人のSNSが発達しているからとはいえ、国家に対抗するには不十分です。既存マスコミは、既得権益のお陰で見事に巨大化・寡占化していますので、そのパワーを使って第四の権力として国家を監視する役割を果たしてる限りにおいては、重要な存在です。

しかし、それが一転、対個人に向かうとき、第四の権力はゴミ集団と化する。

大津市で園児死亡交通事故が発生しましたが、幼稚園の会見で、以下のような質問をした記者がいたそうです。

大津市・園児2人死亡事故で園側が会見、質問に園長泣き崩れる(AbemaTIMES) - Yahoo!ニュース

「危険な場所だという認識があったのか?」

他にも心無い質問が矢継ぎ早に出ると、園長は泣き崩れたそうです。

絶対、このクソマスコミは許せない。

だいたい、あんな事故防げますか?衝突した車がその弾みで信号待ちの園児に突っ込んできたんですよ?!

あんなの予見できたら神です。ゴミのマスコミよ、お前らは神か?

もちろん幼稚園には児童の安全に配慮する義務はあるでしょう。だから会見をしたのでしょう。

でも、本件は幼稚園側も被害者ですよ。何ら安全配慮義務を怠ってない。

そこまで言うなら、幼稚園散歩禁止法案でも提案しなさいな。ゴミよ。

もし幼稚園関係者に不幸が起こったら、マスコミは犯罪者ですよ。まあ、過去から、誤報やら虚偽報道で個人を抹殺するのは得意の既存マスコミなので、仮にそんなことが起こっても全く気にもしないと思いますが。せいぜい新聞の片隅に小さいお詫び記事のみですよ。

このアホ質問については、既にSNS上では大炎上していますが、こんな炎上ぐらいでは、既得権益集団であるマスゴミの暴走は防げません。

やはり制裁がいります。

国家権力に対するマスコミの暴走は許容していいと思うのです。歴史をみれば明らかなように国家権力は本当に危ない。多少、マスコミが暴走気味なぐらいでちょうどいい。

しかし、対個人となると話は別です。マスコミよりも明らかに弱者なのですから。

個人に対する暴走には制裁が必要。しかし、先ほど言ったとおり、SNS炎上ぐらいでは効き目がありません。向こうも報道のプロですからね。

でも、我々個人の武器がSNSしかないとすると、既存マスコミの会社相手に攻撃しても効果がなさそうです。よって、記者個人に攻撃するのが有効かと思います。

では、どうすればいい?

バイトテロのバカッターと同じです。SNSの力で身バレさせればいいのです。(ちなみにバイトテロのバカッターを身バレさせることは反対です。こいつらはバカなだけで、権力者ではない。)

既存マスコミの記者には、一般市民を社会的に抹殺する力があるのです。ということは、自分が抹殺されるかもしれないリスクぐらいは負ってもらわないと。

SNSの対抗手段がこういう方向に行ってくれればいいと思います。結構な抑止力になると思います。

いかがでしょうか?それぐらいしないと、既存マスコミの高給エリート連中の勘違いは正せないと思っています。



ではまた!今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク