汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代。都内勤務の自他共に認める悲しき社畜です。サラリーマンの哀愁、世相、子供のことなど何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

「働き方2.0vs4.0」を読んで社畜に何ができるのか?

スポンサーリンク



橘玲さん著「働き方2.0vs4.0」を読了しました。実際には2度目の読了なのですが、GW中で時間があったこともあり、じっくり読ませて頂きました。

正直な感想としては、

やばい。これからどうやって生きていけばいいのか。

本当に危機感を感じました。

しかし、20年以上社畜をやってきた僕としては、危機的な状況なのは理解していても、これまでサラリーマン以外のことをやったことがないので、これからどうすればいいかさっぱり分かりません!

参考までに僕の社畜データを少し公開しますと、

  • 40代半ば(団塊ジュニアの子供が一番多い年生まれ)

  • 一応、大学卒(ばりばりの文系)

  • 勤続20年以上の正社員サラリーマン(海外2か所6年以外は都内勤務)

  • 妻子あり



こんなところです。どこにでもいる社畜です。

中年正社員なので、橘玲さんによると、日本の労働生産性が上がらない諸悪の根源である“既得権益層の正社員おっさん”ということになります。

まさに終身雇用・年功序列を死守する体制側の人間です 笑。自分ではそういうつもりはないのですが。僕が会社に入ってから終身雇用なんて意識したことないですし。ただ、若手正社員や非正規社員からはそう見えるのでしょうね。「仕事しねぇくせに、高給もらっているおっさん」みたいな(給料安いのになぁ…)。

さておき、早晩、終身雇用・年功序列が本格的に崩壊するのは間違いないでしょう。

日本の前近代的な“身分制”が崩壊するのは喜ばしいのでしょうが、これから僕のような社畜が大量に路頭に迷うことになるかもしれないのはヤバい。

社畜であっても、例えば研究職のように何等かの専門性があれば、生き残れる確率は高いと思います。その専門性を生かして、より将来性のある会社に転職ができるでしょうし、自分で事業を起こすこともできるかもしれません。

しかし、典型的な文系社畜はどうすればいい?まさに僕なのですが、数年毎にローテーションする度に担当事業も変わるような、完全にゼネラリストとして育成されてきた社畜です。

正直なところ、日本の労働生産性向上なんでどうでもよくて、まずは自分・家族の生活を守ることです。←さすが既得権益層

これが最優先。この目的のために何をすればいいのか、を考えてみました。令和元旦ですし 笑。

  1. まずは会社にしがみつけるだけ、しがみつく。醜いですが、生活を守るために致し方ありません。

  2. 但し、社畜行為は止める。終身雇用が崩壊するわけですから、残業、接待など滅私奉公系は、もはや意味なし。自分の時間をつくることに注力する。

  3. 文系であっても専門性がある人は、自分の時間を活用して、会社の看板がなくても、その専門性で金を稼げるかどうかを本気で検討する。そして行動に移せるなら、速攻で移す。

  4. 専門性のない人。本当にないかどうか考えてみよう。例えば、人事や労政の知識、営業ノウハウなどは世間的に需要があるかもしれない。もしあるなら③へ。

  5. 問題は僕のように全く専門性の無い人。社畜講座ぐらいなら語れますが・・・。そういう人も、まずはサラリーマンの知識に頼ってみるしかない。自分に専門性がなくても、自分の商品に関する知識はあるかもしれません。会社に対する守秘義務がありますが、何か武器がないか検討してみましょう。

  6. そしていよいよ何も無い人。成功確率は低いが、何か趣味があれば、それを生かしてYouTuberなどもあり。皆さんご存知のとおり、YouTuberで成功すれば莫大な財を成せます。



と、まあ、偉そうに語りましたが、

ほとんどの社畜は“何もしない”のだと思います。もうね、社畜根性が染みついているんです。そんな新しい発想力は、もうない。

社畜の僕がいうので間違いありません 苦笑。

中年おっさんは、座して死を待つ世代とも言えるかもしれませんね。

ロスジェネ世代(団塊ジュニア含む)は、就職氷河期のせいで、非正規や引きこもりも多い世代。そこに終身雇用崩壊、金銭解雇可能な時代になると、今度は、正社員も大量にクビになるかもしれません。50代は逃げ切れても、40代以降は無理。ロスジェネはもろターゲットでしょう。

もう「貧乏クジ世代」どころじゃないですね!

「日本型雇用の犠牲者世代」と呼んでもいいかもしれません。

まあ、大変革のときは必ず大混乱があるものです。そしてまた、我々がその混乱の主役になる。

まったくもう・・・。つくづくツキがない世代だ。

ところで、皆さんの周り(会社の同僚など)で同様の危機感を感じている人いますか。意外といなくないですか。僕の周りには皆無です。実はほとんどのサラリーマンはこの“ヤバイ状況”が分かっていないのか?

結構イチから勉強しても間に合うかもしれません。速攻で好きなことを見つけて、投資する。そしてそれで稼げるように考え抜く。

あとはこの怠惰な社畜根性(=勉強しない)との闘いですね・・・。



ではまた!今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク