汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代。都内勤務の自他共に認める悲しき社畜です。サラリーマンの哀愁、世相、子供のことなど何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【NHK世論調査】憲法改正議論が放置される前に国民投票やろうよ!

スポンサーリンク





世論調査 日本人と憲法 2018|日本国憲法70年 みんなの憲法|NHK NEWS WEB

NHKは2018年4月13日からの3日間、全国の18歳以上の男女に対し、コンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかけるRDDという方法で世論調査を行いました。調査対象になったのは3,480人で、このうち1,891人から回答を得ました。



NHKが3月に公表した「憲法に関する意識調査2018」の結果がとても興味深い。要旨は次のとおり。

  • 憲法改正賛成、反対はほぼ拮抗

  • 若い世代ほど賛成、反対を選ばず、「どちらともいえない」を選択

  • 賛成理由1位:時代に合わないため(自衛隊の位置付け)

  • 反対理由1位:9条を守るため

  • 憲法9条は70%が評価

  • 憲法改正よりも他の問題を優先すべきが68%

  • 憲法改正論に関心があるが69%



この結果を見て思ったのが、そのうち憲法改正議論なんて無くなりそうだ、ということ。まず、そもそも憲法改正議論なんて、社畜(←僕)含めた一般市民の生活に直接関係ない。他の問題を優先すべきが70%ぐらいいることがその証拠。国民はもっと生活に直結した課題に関心がある(消費税など)。一方、憲法改正論に興味がある人も70%ぐらいいるが、これは、9条問題が絡んでいるからでしょう。僕を含めた不勉強な人でも、9条の戦争放棄が、世界に誇れる平和条項だってことは知っている。だから、この9条自体の行く末がどうなるのかに関しては一応国民は興味あるのでしょう。

そして戦争を知らない(僕もですが)若い世代ほど、憲法改正論に興味がない。若い世代ほど「どちらともいえない」を選んでいる。

生活に関係ない、若い世代は興味がない、ですから、間違いなく「はい消えた」になる。おそらく近い将来、憲法改正議論なんて放置状態になる。

だから、憲法改正を議論するのは今しかない。今を除いてはもうチャンスは多分ない。

僕は、結果的に憲法改正されるかされないかは別として「国民投票」はやるべきだと思っている。その結果、9条が残ればそれでいいし、自衛隊に関する文言が加わるのであればそれでいい。

なぜならあの憲法は、我々がつくったものではないからだ。誰でもご存知だとは思うが、あの憲法は、日本が太平洋戦争に負けたことにより、戦勝国から押し付けられたものだ。「いやいや、日本は戦争に負けたんだから仕方ない。」、「押し付けられたのかもしれないが、9条は素晴らしい条項。いいものはいい。」・・・もし、こんな思考回路の方がいたとしたら、完全に戦後の日本人に対する洗脳の成功例みたいな人だ。「日本は悪い戦争をしたんだから反省しないと。」なんて考えは、もっとヤバい。あの時代のことを今の価値観で裁いてどうする。当時は欧米列強に植民地にされるか、されないためにはどうすればいいのか、という時代。日本人が反省すべきは、なぜ戦争に負けたのか、この一点のみ。勝てば官軍で、今でも戦勝国による世界支配が続いている。

いつまでも日本は敗戦国でいないといけないの?日本に戦争をさせないために9条を押し付け、9条があるのに東西冷戦の都合から自衛隊をつくらされ、結局、米軍による日本支配は続き、・・・。

せめて国家の根幹たる憲法ぐらいは、日本がつくったものに変えさせてよ!というか、変えようよ。

戦後、日本人は「日本がどうあるべきか」と考えることを放棄させられてきたと思う。国防は米軍がやってくれるし、経済もすぐ復興しちゃったものだから平和ボケになり、ただ社畜が生産されるだけの国になってしまっている。そろそろ日本がどっちに進むべきかを国民みんなで考えてもいいと思う。

憲法議論なんて、絶対面白いよ!国民がみんな熱くなる。間違いなく。生活に関係ないから、完全にイデオロギーやポリシーの議論。しかも「国のかたち」を決める議論。デモも暴動も起こさない日本人よ、たまには燃え上がってもいいのでは

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク