汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代。都内勤務の自他共に認める悲しき社畜です。サラリーマンの哀愁、世相、子供のことなど何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【社畜講座】宇宙の謎は最高の精神安定剤

スポンサーリンク



昨日、本屋さんで衝動買いしてしまったのですが、

「僕たちは、宇宙のことぜんぜんわからない」

まだ半分ぐらいまでしか読んでいませんが、本当におもしろいです。宇宙について現在の最新理論で“分かっていること”、“分かっていないこと”が非常に平易に説明されています。また、分かりやすい図や表も入っており、ド文系の僕には大変嬉しい本です。宇宙にご興味のある方にはおススメです。

いろいろな宇宙論の本を読んできましたが、文系の僕としては、難しい数式が出てくるとチンプンカンプンです。大好きな宇宙の本を読む度に、いつも理系に進んでおけばよかったと後悔してしまいます。

宇宙は本当に不思議です。宇宙は無限なのか、有限なのか。有限ならば、宇宙の外には何があるのか。ビッグバンという始まりがあるならば、その前には何があったのか?膨張しているならば、いつまで膨張するのか。宇宙に終わりはあるのか。宇宙は一つなのか。複数あるのか。宇宙も我々生物も全て素粒子で出来ていますが、なぜ粒子の組み合わせがこのようになったのか?

正直、僕は寝れなくなるほど人生悩んだことはありませんが、宇宙のことを考えているときだけは、マジに寝れなくなります

宇宙以上のロマンはないじゃないですか?!だって、ほとんど何も分かっていないのですよ。歴史も恋愛も哲学も所詮は“人の営み”です。

我々は確かに宇宙空間にいるのです。にもかかわらず、その宇宙のことが殆ど分かっていない。

そしてこのスケールの大きさ。太陽でさえ宇宙のなかでは塵にもならない存在。

ロマンすぎる!

ここまでロマンだと、僕にとっては、宇宙は優秀な精神安定剤です。仕事で辛いことがあったとき、理不尽な仕打ちを受けたとき、取引で失敗したとき、プライベートで嫌なことがあったとき、

基本、宇宙のことを考えます。

そうすると、僕に起こった全ての出来事が些末なことに感じてしまうのです。宇宙的なスケールからすれば、僕の出来事なんて何にも意味がない。無価値という価値も付けられないほどの一瞬の出来事。宇宙のデカさへの畏敬の念の方が大きくなり、悩みなんてどうでもよくなってしまう。

これが僕の悩み解決法です 笑。かなり雑な方法に感じるかもしれませんが、宇宙にご興味があるならば、一度真剣に宇宙論の本を読んでみて下さい!あまりのスケール感に本当に身の回りのことなんかどうでもよくなります。

そしていつも願うのです。誰か天才的な宇宙物理学者が、いつか宇宙の謎全てを解明してくれるのを。僕が生きている間にお願いします!

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク