汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代。都内勤務の自他共に認める悲しき社畜です。サラリーマンの哀愁、世相、子供のことなど何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【会田誠講座】何でもハラスメントで訴えられる時代

スポンサーリンク



“ゴキブリとセックス”画で吐き気 大学側を提訴(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

性的・暴力的表現のある芸術家の作品を大学の公開講座で強制的に見せられたなどとして、受講生の女性が精神的苦痛(急性ストレス障害)を理由に大学側を提訴しました。訴えを起こした大原直美さんは、全5回の講義のうち、3回目の芸術家会田誠さんの講義について以下のように述べています。

元受講生・美術モデル、大原直美さん:「うまく言えないんですけど…。女性に対してひどいものばかりで、AV女優がゴキブリとセックスしている写真を大スクリーンで見せられると吐き気しかしない」



明らかに“作品批判”のようですが、一方でこうとも述べています。

「今回の裁判の焦点として会田誠さんの作品が芸術かわいせつかという視点ではやらないつもりです。そういう話をはじめてしまうと、芸術論になってしまう」  大原さんが責任を追及しているのは2人の芸術家ではなく、あくまで大学側の企画・運営だということです。大原さんは3回目の会田さんの講座の後、大学側の窓口に講座の内容がセクハラにあたると訴えましたが、対策は取られなかったということです。大学側は事前に十分な告知なく、露骨な性的・暴力的描写のある作品画像が呈示されたとして、おわびの文を掲載しました。しかし、大原さんによりますと、大学側からは今後、授業への出席や美術モデルとしての出入りをしないように要請されたほか、京都造形芸術大の卒業生である大原さんに同窓会にも出ないよう求めてきたということです。  元受講生・美術モデル、大原直美さん(39):「被害者が押し込められて終わりというのは、ハラスメント対策としてはあり得ない」。大原さんは大学側に慰謝料など約333万円を求めています。



ちょっとよく分からなくなってきましたが、要は「講義や作品自体は確かにセクハラなのだが、それは“芸術”だから講師である芸術家の問題ではなく(芸術論になり収集がつかなくなる)、事前に講義の内容をしっかり告知しなかった大学側の運営が悪い」と言っているのだと思います。

もしこれが成立してしまうと、例えばこんなことも成立してしまうのでは?と思ってしまいます。

  • 会田誠さんの個展に行ったところ、性的・暴力的な作品を見せられ精神的苦痛を受けたから、個展の主催者を訴えた。

  • 東京でピカソ展があり、ゲルニカの絵を見て昔の東京大空襲を思い出してしまい精神的苦痛を受けたから、ピカソ展の主催者を訴えた。



本当にこんなこと成立すると思いますか?

すごい違和感が・・・。

今回の事例も、自発的に参加する公開講座ですので、上の例の個展と同じですよね。

個展は、その作家に興味があるから見に行くわけです。公開講座も同じではないでしょうか。

行く前に普通調べるでしょ?と思ってしまいます。



まぁ、僕の知らない色々な事情があるかもしれませんので、この事件にこれ以上は深入りしませんが、

改めてハラスメントって何だろうと考えてしまいます。

ハラスメントを調べても実はしっかりとした定義がないのですが、大阪医科大学のものが上位にありましたので紹介します。

ハラスメント(Harassment)とはいろいろな場面での『嫌がらせ、いじめ』を言います。その種類は様々ですが、他者に対する発言・行動等が本人の意図には関係なく、相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えることを指します。



セクハラ、パワハラに関して、よく「こんなの相手が不快だと思ったら、それで成立してしまう。個人の主観で決まるなんておかしい。」と言う人もいますが、判例などを見るとそんなことはなく、

パワハラに関しては、「平均的な心理的耐性を持った人」

セクハラに関しては、「平均的な女性(男性)労働者の感じ方」

が基準になります。



セクハラ、パワハラは数多くの事例があるのでいいですが、n数が絶対的に足りないような今回の公開講座みたいな事例はどのように判断するんでしょうかね。また時代によっても感性は変わっていきますし。これからもどんどん新しいハラスメントが生まれてきそう。

多くのことがハラスメントで訴えられる時代になりましたよね。それはそれで“思いやり”を重視する社会になるように思えるのでいいことですが、アップデートできない“おっさん”イジメにつながらなければいいなぁと思う、“おっさん”ど真ん中の僕でした。。。

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク