汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代。都内勤務の自他共に認める悲しき社畜です。サラリーマンの哀愁、世相、子供のことなど何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【同性婚提訴】既にLGBTが良い悪いの価値判断はしない時代

スポンサーリンク



同性婚が認められないのは、婚姻の自由を保障する日本国憲法に違反すると同性カップル6組が損害賠償を求め東京地裁に提訴しています。世界では既に同性婚を認めている国も多くあり、今のLGBT権利拡大の流れからすると早晩、同性婚は認められそうですね。

同性同士にも「婚姻の自由」を=13カップル、違憲訴え一斉提訴(時事通信) - Yahoo!ニュース



最近、何でもかんでも差別になってしまいそうな風潮があるので、あまりこの手の話題に触れたくないのですが、よく「子供が生めない」ことを理由に同性婚を否定するような意見に対して、それは子供が生めない女性に対する差別だ!みたいな展開が見られます。

日頃からこの議論に何か違和感がありまして、今日はそのあたりのお話をしたいと思います。

まず、異性婚のカップルが何組かいれば、当然さまざまな事情により子供のいないカップルが一定数存在します。それは何らかの病気の場合もあるでしょうし、子供をつくらないというポリシーによることもあるでしょう。ま、それはさておき、

人類全てが異性婚の場合

一定数子供のいないカップルはあるが、行為をすれば子供ができる確率があるため、一定数の子供ができる。

子孫繁栄により人類が存続する可能性が高まる



そして、人類全てが同性婚の場合

少なくとも現代の科学技術では、同性婚では子供ができる確率はゼロ

人類は子孫を残せず確実に絶滅する

こう考えると、人類を絶滅に導く同性婚はNGなんじゃないか?と思ってしまいます。言い方を変えると、異性婚が子孫を残してくれていることにより人類の繁栄が続いている。同性婚の人はそれに胡坐をかいて暮らしている。と、考える人がいてもおかしくないと思います。

分かっています。LGBTを差別しているわけではありません。彼らは、LGBTとして生まれてきたわけですから、彼らにはどうしようもないのです。LGBTの方が、“ありのまま”で毎日楽しく暮らせる世の中、それが人権がちゃんと守られている社会ということです。

でも、世の中全ての人が同性婚になったらNGじゃないですか。人類が滅亡してしまうので・・・。

そのあたりの折合いがつかないんですよね、僕の頭の中で。仮に世の中全ての人が同性婚になった場合、彼らの人権を守ることを優先すると、子供が生まれずに人類が滅亡してしまう。

どう考えればいいのか。。。

現実的な解として、全ての人が同性婚するわけはない、という当然の答えがあります。大多数が異性婚という前提があるから、同性婚の人権も守るべき!という議論が出来るのですよね。

なんか分かったような分からないような展開ですが、おそらく人類が滅亡する・しない、は論点にはなっておらず、LGBTの人がどうすれば差別なく暮らしていけるか、だけに焦点が当てられているのでしょうね。

つまりLGBTが良い・悪いの価値判断はもうしない時代なんです。いいじゃないですか、LGBTの人もLGBTになろうとしてなったのではない。だったら、彼らがLGBTであることに苦しまなければいけないなんて不合理です。

人類滅亡ネタで若干モヤモヤしつつも、人間だれしも幸せに暮らす権利がある、こんな当たり前のことに気づかせてくれる今日の話題でした

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます😊

↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク