汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代。都内勤務の自他共に認める悲しき社畜です。サラリーマンの哀愁、世相、子供のことなど何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【社畜講座】会社で期待されなくなれば人生が豊かになる

スポンサーリンク



海外の企業には、大抵、“Job description”というのがあって、自分の仕事内容と裁量がしっかり明記されています。ですので、海外の社員は、リストアップされた自分の仕事はしっかりやりますが、守備範囲を超えることは原則やりません。

それに対して、日本は仕事の守備範囲があいまいです。また、権限移譲も出来ていないことが多い。これは課長の権限なのか部長の権限なのか、はっきりしていないこともあります。また、仮に社則などに明記されてあっても、日本の会社員は、だいたい忖度して上位者に相談を求めます。

日本人は完全な権限移譲がとても苦手なんです。

これが何を意味するかと言うと・・・

自分が仕事をやらないと、その仕事が上司、部下、同僚に移っていくということです!

仕事と裁量の範囲があいまいな日本企業ならではですが、これは事実です。自分のやるべきことが明確な海外では出来ないこと。

全く仕事をしないとクビになってしまいますので、例えば重要な仕事だけをサボってみると・・・。

ものの見事に他者に振られていきます 笑。。。そして、

最後には、「こいつには重要な仕事は任せられない」というレッテルが貼られるように。

このレッテルを貼られたらシメタモノ。

もう誰も貴方に期待しなくなります!

期待されない状態・・・お気楽ゴンタ君のように気楽なリーマン生活を送りたい人には最高の状態です。もう誰も貴方に重要な仕事を頼んできません。毎日、簡単な仕事だけをさばいていればOK。ノンビリと会社生活を送っていけます。

こんな選択肢も“アリ”です。

ストレスフルな会社人生を送ることに比べれば全然幸せ。ただ、会社の人は誰も貴方を尊敬していません。そういう意味で、自尊心は捨てなくてはいけませんが。。。

制度の悪用とも言えます。日本の会社はクビを切りにくい。そして、全く仕事をしてないわけではないので、特にクビにする理由もない。単なる、重要な仕事ができない職場のお荷物。

会社自体が潰れる心配がなければ、この無能社員作戦は大いにアリです!

まず、自分の時間ができる。職場が忙しくても、一人だけ定時に「お疲れ様~」です。誰も貴方を咎めません。期待していないのですから。

その余った時間で、家族と充実した時を過ごすのもよし、趣味、勉強に使うのもよし、一人で酒を飲むのもよし、です。

お勧めは副業へのトライでしょうか。

自分の好きなことで稼げる素地をつくっておくといいです。会社の稼ぎがあるから、焦って副業で大儲けしなければいけないプレッシャーもない。楽しみながら自分の好きなことに没頭すればいい。それで儲けられるようになれば、まさに“儲けもの”です!

期待されない社員なので、給料は上がらないかもしれません。でも、給料が上がるということは、会社で出世するこということで、受けるストレスも半端なく、自分の時間もつくれません。

そうであれば、とりあえず飯が食えるぐらいの給料を確保しておいて、

余った時間で、自分の好きなことで稼げるかどうかの可能性を追求していく生活がいい!

今の世の中、こんな生き方の方が幸せではないでしょうかね。会社に人生捧げるような時代でもない。

僕は既に実践してます(^^♪。自他ともに認める“汎用リーマン”ですので! これが出来るようになるまで、様々な苦難(?)がありました。やはり自分は「出来る」社員でいたい・・・上司の期待に応えたい・・・同期の中で落ちこぼれたくない・・・など、まずこんな“社畜意識”を捨てなければいけません。でも、これが出来れば後は楽。

後は重要な仕事を適当にサボればいい。That’s all♪です。

自尊心は他のフィールドで発揮すればいい。

そして、自分の好きなことで成功できたら・・・

こんな嬉しいことはありません。間違いなく普通のサラリーマン生活では得られない期待感です。

ただ、この作戦を実行するには、一つ大切な前提条件があります。

貴方の会社がホワイト企業であることです!

厳しい会社だとパワハラやいじめの標的になってしまうのでお気をつけ下さいませ 笑。

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク