汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

「SNSで炎上」が私刑執行になってしまう時代になる?

スポンサーリンク



こんにちは(^ ^)ヒロンです。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか。僕は、まだ休みボケが抜け切れていません。。。ダルいです。。。

よくSNSで炎上して企業が謝罪に追い込まれることがありすよね。昨年も思い出せるだけでも結構な件数があったと思います。

そもそも、この「SNSで炎上」って一体なんでしょうか?意味のあることなのか?やはり影響が大きい事件なのか?

まず、SNSって日本でどれぐらいの人が利用しているのか?総務省のデータによると以下のとおり。

LINE 67%

FB 32%

Twitter 27%

さすがにLINEは多いですが、炎上の代名詞であるTwitterですら、

たった3割の利用率なんです。

次に、Twitterの利用率を年代別でみると、このとおり。

20代 59%

30代 30%

40代 20%

50代 14%

60代 4%

20代を除けば、たいした数字ではないんですね。

40代以上の“おっさん”(←僕も)なんてほとんど使っていない。

では、なぜ企業は謝罪対応に追われてしまうのか。

SNSの動向を主要メディアが広めるからでしょう。

企業の本音としてはこうじゃないですか(明らかに企業が悪い場合を除く)。

SNSで炎上

SNSだけなら放置してもいいが、主要メディアで騒がれると、人数が多い“おっさん世代”にも波及する

本格的に「世論」として叩かれる

企業イメージが損なわれる

今のうちに謝っとけ!



こう考えると、まだSNSだけでは世論とはいえないかもしれません。やはり未だ主要メディアは強い。

しかし、20代の利用率の高さから考えると、50代、60代の“おっさん”達がヨボヨボになるころには、

SNSが全ての情報コミュニケーションの手段になっていることでしょうね。

これはこれでやっかいな世界です。テレビや新聞には、一応公共性があるため、“理性”が働くこともありますが、

SNSにはそんなもんありません。

“私刑”し放題の世の中になりそうです。民衆が気に食わないことをした企業・個人は、

一瞬でフルボッコになる世界

ちょっと嫌ですね。。。殺伐!

やれ利権だ、やれ第四の権力だ、と批判されている主要メディアですが、それがゆえに様々な抑止力になっていた面もあります。

権力的、権威的な情報ソースがなくなった世界。いい意味でも悪い意味でも、自由な世論が形成されるようになるんでしょうね。

今ですら、すぐ「炎上」してしまうのに、SNS≒世論になってしまったら・・・やばいですよね。SNSいじめ自殺なんて激増しそう。

我々の理性もアップグレードする必要がありますね!そして炎上愉快犯を排除する仕組みも必要かも。でも排除すると、現実世界で事件を起こしそうとか。。。も考えなければいけません。

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます!!



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク