汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代。都内勤務の自他共に認める悲しき社畜です。サラリーマンの哀愁、世相、子供のことなど何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【前澤さん労働生産性論】普通の会社では無理そうかな

スポンサーリンク

「この国をどうしたいの?」と聞かれたので考えてみました。|Yusaku Maezawa 前澤友作|note



明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

みなさん↑ZOZO前澤さんによる「日本を労働生産性の高い国にするには?」に関する考え方を読みましたか?

相変わらず前澤さんの意見は面白い。

こんな面白い考えが目の前にあるからには、自他共に認める汎用社畜リーマンとしても見解を述べたいところ(笑)

本来の"労働生産性"の定義は、

労働の成果/労働量(従業員数など)

のことを言いますよね。つまり、従業員一人当たりどれぐらい効率良く成果を上げるか?という指標です。

日本は、労働生産性に関しては、国際的に、

上位国のなかで、ほぼ最低レベルです!

要は効率良く稼いでいないわけです。

その背景は、一般的には、

  • 過剰なサービス(対価に見合ってない)

  • 意思決定の遅さ(根回し、段取りが必要。たくさんのハンコ、権限委譲が出来ていない)



と、言われています。つまり、ガラパゴスと段取り文化が諸悪の根源のようです。

若干前振りが長くなりましたが、前澤さんの労働生産性はこの前提を飛び越え、

社員が楽しく仕事を出来る

社員のやる気、集中力が上がる

労働生産性が上がる



というロジックで、どちらかといえば、社員のポテンシャルに着目しているようです。

これ。。。古典的な日本の会社で実践しようとする場合、

たぶん楽しく働いても労働生産性は上がりません!

なぜながら”ガラパゴスと段取り文化“がしっかり鎮座しているからです。

いや、

楽しく働いてしまうと、逆に労働生産性を下げてしまうかもしれません。

社員は楽しくてやる気マンマンです。

サービスはより過剰になり、楽しいものだから、より議論が白熱して意思決定に時間を要すようになる!かもしれません。。。

つまり、楽しいの方向性を誤ってしまう可能性があります、おおいに。

ZOZOみたいな新しい、若い経営者の会社であれば、悪しき"ガラパゴスと段取り文化"なんて無縁かもしれません。

しかーし、

日本の多くの会社はその病に侵されているように思います(取引先や異業種の人と話しても、だいたい似たようなものです)。

楽しく働くのは素晴らしいことですが、その前に、まだまだやることはたくさんありそうです。

ではまた!今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます😊

↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク