汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【ジェンダーギャップランキング】外国人が日本を変える

スポンサーリンク



2018年版「ジェンダー・ギャップ指数」公表 現状ペースだと男女平等の達成には108年を要する 日本は110位/G7最下位|公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンのプレスリリース

こんなランキングもあるんですね。

男女平等の度合いを指標化した「ジェンダー・ギャップ指数」の2018年度版が発表されたそうです。

日本は、昨年の114位から110位に順位を上げたそうですが、相変わらずの超低位安定です。

まあ、予想通り。

政治面と経済面の不平等が特に大きく、なんと解消するには、今のままだと、

108年

かかるそうです💧

この手の調査は、たいてい欧米スタンダードなので、全てを受け入れる必要はないと思いますが、

周りを見渡しても、確かに遅れていますよね。

女性の大臣は1人しかいませんし、大企業のトップだってほとんど男性。

全然変わっていない。昔から。

まず国会議員が増えないといけませんよね。立法府ですから。

日本の国会議員の男女比ってご存知ですか。

衆議院で10%、参議院で20%ぐらい。

なんと世界193か国中、158位です!

分かっちゃいましたが、先進国としてあまりに情け無い。絶対手を打たなければいけません。

ある差別を解消するために、アメリカでは、逆差別をやりますよね。例えば大学入試で有色人種を優遇するなど。さすが数々の差別を体験してきているだけあって、こういう強硬策をとれるアメリカはスゴイと素直に思います。

これにならって、日本も、例えば、

国会議員を全て女性にする

これぐらいのことをやれば不平等なんて数年で無くなるのに。

まあ、あまり現実性のないこと言っても仕方ないのですが、例えば、30〜40%は必ず女性にするとか、

枠取り

が必要でしょうね。

女性議員がマイノリティのままでは、絶対に女性のための施策なんて出てきませんよ。

日本は、「男は仕事、女は家庭」という価値観のまま先進国になってしまったから余計たちが悪い。上位にある小さい国や途上国よりも、成功体験を得てしまった日本の方が改革は難しい。

強硬策の取りにくい日本で、このジェンダーギャップをうめる現実的な方策はあるのでしょうか。

僕は外圧だと思います。歴史的に見てもそれしかない。

幸か不幸か、日本は、外国人労働者をたくさん受け入れないといけない状況です。これからの人口減少を考えると、単純労働者だけを受け入れて済む問題でもなさそうです。

大量の外国人は確実に日本の文化を変えると思います。

外国人には参政権がないので、変わらないよ、って意見もあるかもしれません。

ただ、

古い価値観のおっさんはどんどん減っていく。

新しい価値観の外国人がどんどん増えていく。

これで勝負ありじゃないでしょうか。

ゆっくりですが確実に日本のジェンダーギャップは埋まっていくと思っています。

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます!

↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク