汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

10年前に世界が一変して、どんどん生きにくくなってる

スポンサーリンク



10年前、2008年のリーマンショック。既に終身雇用、年功序列は崩れかかっていましたが、「派遣切り」が横行したのはここからです。

中国やアジアの台頭。様々な産業分野で競争激化してきたのも体感的には10年ぐらい前。

そしてSNSが普及したのも10年前。

10年前に世界が一変したんですね。今から思えば。

スピードの時代になりました。変化に対応できない者は淘汰されてしまう。日本人だけがノンビリしたいと思っていても、目をギラギラさせた中国人、アジア人が攻めてくる。だれもウカウカできない時代。

一方、変化を好む者、スピードに乗れる者にとっては、SNSなどを駆使し、会社に頼らずとも飯を食える時代になりつつあります。今や個人が自由に世界中に情報発信できるようになりました。コンテンツをつくる能力、発信する行動力があれば、のし上がっていけるような社会の仕組みになりました。

確かにエキサイティングな時代です。ワクワクする時代です。

でもね、ワクワクしている人は実はごくごく一部だと思います。

ほとんどの人はついていけないのです。この変化に。

みんな、ノンビリ過ごしたいのです。本当は。

人は本質的に“安定”を好む。食べれるだけのささやかな収入を得て、子供の成長を優しく見守る(注:子供がいた方がいいという意味ではない)。これで幸せなんです。

過度な変化に飲み込まれると、普通の人は疲弊しちゃうのです。。。心も体も維持できない。

変化を好む者、スピードに乗れる者はどんどん行けばいいと思います。今はそういう形質を持った人が優位な世の中です。

その時代について行ける人、行けない人はある程度決まっている。 “今の時代は” 変化を好む者、スピードに乗れる者が優れている、だけなのかもしれません。

時代と、その時代に合った遺伝子と、ちょっとした運、これがうまくマッチングした人が上へあがっていく。いつの時代もそんなもんかなって感じがします。

戦時中に今のインフルエンサーと言われる人が生まれていたらどんなパフォーマンスを出せたか。

別に努力を否定しているわけではありません。ただ、自分の形質に反した努力をしても続かないし、疲弊するだけです。

結局、“変化、スピード”を楽しめる人が成功する時代なんだと思います。

誰でも“やればできる”と勘違いしないようにするのが肝要かと。。。

僕は「安定」かな💧

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク