汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

悲しいかな、学歴はその人の付加価値なんだよ

スポンサーリンク



みなさん、仕事が忙しくなると、どんなこと考えますか?普通の忙しさじゃないですよ〜

超激務のときです。

僕なんかですと、まずは、

"逃げ出したい!"

まあ、定番ですよね。ええ、手元に非課税の10億円があったら、一瞬で逃げ出します。40半ばのリーマンがこんなこと言うのもアレですが、

全く罪悪感無しに逃げれます^_^

退職届もメールかも。

でも、10億円がない今は逃げられない。

この仕事で飯を食べていかないといけないので。家族を路頭に迷わせるわけにはいかない。

次に考えるのが、

手抜き

これはね、社畜リーマンを長年やっていれば何となく出来るようになります。

ただ。。。手抜きは前提なんです。それでも超多忙な時にどうすればいいのか?

最後はやるしかないのですが、結構陥りがちなのが、

「こんなはずじゃない」思考

  • 俺はこんなところにいる人材じゃない

  • 本気をだしてないだけ

  • 世間のバカは、まだオレの才能に気づいてないだけ



この思考はやばい。

根拠レスな自信は時に人を助けます。例えば、メンタル不調になりにくいとか。

しかし、行き過ぎた根拠レス自信は害でしかない。

周りは引きますよ、マジで。だって、周りはその人の実力を全く買っていないので。

ピエロです。悲しいかな。

考えてみましょう。

その人の実力を見破る分かりやすい指標があります。

学歴です。

夢を追って学歴を無視した人、プロスポーツ選手のように特殊な才能を持った人を除き、

やはり学歴は、その人の、

地頭と努力のバロメーターなんです。奨学金もあります。言い訳できないの。

何も目標がない人が頑張るフィールド。それが学歴なんです。

よって、学歴がない人は、「おれはいつかやれる」思想は捨てましょう。

一生、"いつか"は来ません。

もちろん例外はいます。しかし、その例外は天文学的な確率で生じた人です。

地道に確率を上げる道を歩むのが正しい。

自分が特殊ではないと割り切るのは辛いですが。

それを割り切るのも勇気です。

僕は。。。未だに五里霧中ですが、自分が、残念ながら、"特殊"ではないことは悟っています。でもね。。。何か社畜以外のものがほしい。あればね。。

すみません、あまりに忙しいので、こんなよく分からないことを考えてしまいました。

ではまた^_^

今日もブログを読んでいただきありがとうございます!

↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク