汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【教育格差】教育を完全無償化しないと国力は上がらない

スポンサーリンク



東大で感じた「学力の差=経済力の差」 現役東大生が目指す、教育格差のない社会 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス



人類皆兄弟ですし、地球環境保護も浸透してきましたが、いまだに国境を超えられないのが人間。

国の強さがその国の人々の生活の質に直結してしまいます。

“国力”は大事です。

国力を上げるには教育が最も効果的。国民の質が高ければ高いほど、国は潤います。

先日、冒頭の記事を読みました。

学力の差と親の経済力の差は確かに相関関係はあります。東大生の世帯収入は、なんと60%以上が950万円以上。普通の子供のいる世帯の平均収入よりも300万円以上高収入ということになります。

親が裕福

教育に金をかけられる

子供の成績が上がる

より良い大学に行く可能性が高まる

より良い仕事に就く可能性が高まる

結局、子供も裕福になる可能性が高まる

当たり前ですが、こんな循環になります。また、親が裕福だということは、親の代までに何等かの方法で財を築いたわけで、優秀でなければ金儲け&裕福さを維持なんてできませんから、頭のいい遺伝子が引き継がれている可能性も高いです。

「富めるものはますます富み・・・」とはよく言ったもので、財産と遺伝子が脈々と引き継がれているのです。そりゃ一発逆転なんてなかなか出来ないですよね。現実は残酷です。

このように、金持ちは放っておいても勝手に繁栄を継続できますが、経済力のない親の子供にも良い教育を受ける機会を与えないと、国力の底上げはできません。

アメリカンドリームではありませんが、裕福ではない子供でも一発逆転できる環境を作り上げることが何よりも重要だと思います。

思うに、学費なんて全て無料にしてしまえばいい。

教科書代も。給食代も。もちろん高校も大学も無料です。

少子化の時代ですよ。しかも超高齢化社会。若者に支えてもらわないと日本社会は崩壊するのです。

教育によって優秀な若い人をどんどん増やさないといけないのです。親の経済力がないからといって、優秀な子供のチャンスが潰されることは、

あまりにも勿体ない。

それでもやはり裕福な人は、子供を高額な塾などに行かせ、より裕福になっていくでしょう。富めるものが富むのは全然否定しません。

でも、富めないものが富むチャンスが無くなるのは絶対ダメです。それには教育無償化です。幼児教育無償化や低収入世帯への大学学費減額の動きはあるようですが、

完全無償化でいい。そこはケチるどこではないでしょ?

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク