汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

若い人が社内飲み会に行きたくないのは当然

スポンサーリンク



サラリーマン生活20年ですが、これまで、家族(嫁)に対して、朝出がけに

「ああ、今日飲み会だから」

で、全て免罪符だと思っていました。「だから」の後は当然、

「遅くなる」という意味があります。

もっと言うと、「遅くなるけど文句言うなよ」って意味。会社の飲み会がそんな神聖かよって感じですが、確かにお客様の接待であれば、多少の説得力があります。

業務命令ですし。それなりの合理性はある。接待は、少なくとも会社の営業利益を増やす行為の一つではあります(旧来型で申し訳ありませんが、まだまだ日本の企業はそんなものです)。

しかし、ご存知?のとおり、全てが顧客接待ではないですよね。

結構、社内飲みもあるわけです。

社内飲みって不思議ですよね。

冷静に考えれば全然必要のない行為です。だって、社内で飲んだって、利益は何も増えませんもの!

しかし未だに同じ職場での飲み会、他部署との交流など、かなりの“社内飲み”があります。居酒屋で上司のグチを言っているサラリーマンは、全て社内飲みですよね。

僕が思うに、この“社内飲み”って、終身雇用・年功序列の頃の名残なのではないでしょうか?前提として、一つの会社に一生いる、確実に毎年給料が上がっていく、ということであれば、会社の仲間は“一生もの”ですから、極めて、下手したら家族に並ぶぐらい、重要なパートナーです。必然的に相手のことを理解しなくてはいけなくなります。

完全に仕事のパートナー以上の関係ですよね。

相手を理解するには、飲み会しかないんですよね。みんな酔っ払いますし。本性が出てくるのが飲み会。そして、飲み会でアホな体験を共有することによって、変な連帯感も生まれるわけです。一緒に風俗のはしごをするとか。飲み明かしてそのまま会社に行ったとか。

“社内飲み”って、そういう位置づけではないでしょうか。

そして、確実に今はそんな時代ではない。会社は一生いる場所ではない。会社は守ってくれない。給料も上がらない。今やレールは敷かれていない。

今の若い人が“社内飲み”に来たくないのがよく分かります。

そうですよね。意味ないのです。よっぽど社外のネットワークを広げたほうが自分の将来に資すると思います。

僕は40代なので、正直、両者(上のおっさんと若者)のどっちの気持ちも分かります。

というか、揺れ動いている感じ。どちらの価値観も捨てがたい。

ただ、一つあるのは、

飲み会は楽しくないといけませんよね(注:除く接待)。

であれば、楽しくない飲み会は行かなくて正解なんですよ。

若い人も上のおっさんに合わせる必要はありません。どうせ給料や出世には関係ない(昔とは違う)。無理してストレスを抱えても、割りに合いません。

ということで、家族(嫁)に対しても、今は“社内飲み”は免罪符になるとは思っていません。むしろ家族優先が正ではないかとすら思っています。時代とともに価値観なんて変わっていきます、この日本でも。

最近、上司の誘いを断ることにようやく慣れてきました 笑

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク