汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【満員電車の経済損失】今や都内にオフィスを構える意味無し

スポンサーリンク



満員電車による経済損失が年間3240億円にのぼるという試算が初めてなされました。

3240億円はすごいですね。。。想像を軽く超えてます。確かにあの地獄の通勤ラッシュですからね。毎日アレに耐えている自分を褒めてあげたい。

さて、経済的損失とありますが、どのような損失があるのでしょうか。大きく以外3つです。

  • 遅延による損失

  • 肉体的、精神的ストレスによる損失

  • その他経済的損失



特に毎日満員電車に乗っている方には、2番目が分かりやすいですよね。メンタルが強くない人なら、あのラッシュを経験するだけでウツになりそう。

しかし、なぜ、こんな莫大な損失を出してまで、会社は首都圏にオフィスを構えるのでしょう?

  • 公官庁が東京に集中しているので、手続き等考えると近くにいた方がいい

  • 大企業が東京に集まっているので、他の企業も東京にオフィスを構える

  • 顧客訪問するには互いに近いところにいたほうが効率的



こんなところでしょうか。あとは、田舎では人が集まりにくいという事情もあるでしょうね。

ここで仮に企業がいろいろな場所に程よく散っている場合を想像してみます(現実的には、ド田舎だと人が勤めたがらないので、まぁ、関東圏ぐらいのエリアでしょうか)。

通勤は楽になるでしょうね!しかし、顧客とのコンタクトが面倒になります。いつも出張するわけにはいかないので、

Web会議やTV会議が多くなると思います。

TV会議は、どこの会社でも設備を持っているわけではありません。ですのでWeb会議が中心になると思います。使ったことがある方は分かると思いますが、Web会議は、情報共有や報告では別に問題はないと思うのですが、

つっこんだ議論や交渉には向きません。

やはり通信の問題や表情がタイムリーに伝わりにくいので。そうすると、重要な商談はやはり出張するしかないですよね。

しかし、逆に言えば、出張してFace to Faceにならなければいけないほど重要な商談なんて、そんな頻繁にはないと思うのです(業界によるかも)。

あとは割り切りですが、webとTVと緊急時の電話を駆使すれば、ほとんどのコミュニケーションはいけそうに感じます。

あの地獄の通勤ラッシュでの3000億円以上の損失を考えたら、多少の不便があっても、web中心でいいと思いませんか?

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます😊



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク