汎用リーマンがいく

某旧帝大卒、一部上場企業勤務のその辺にいるサラリーマンです。何でも語りますが、小学生の娘が中学受験の塾に通いだし、最近、自分とは無縁だった中学受験にハマりだしています。

スポンサーリンク

【中学受験迷走記】反復だけでは長期記憶化しない

スポンサーリンク



自分の名前や九九は多分死ぬまで忘れませんよね。でも一週間前に食べたご飯や3日前に見たTV番組なんてすぐ忘れてしまいますよね。

それは前者が「長期記憶」、後者が「瞬時記憶」だからです。ちなみに「長期記憶」、「瞬間記憶」の間に、「短期記憶」があります。

では、どうすでば「長期記憶」になるのか?

とにかく「反復」です。そして、人間は寝ているときに情報を記憶に定着させるので、6時間以上の睡眠が重要だと言われています。

自分の名前や九九は、それはそれは「反復」しましたよね!これぐらのレベルでやっと「長期記憶」になるわけです。

人間は、1日経過するだけで、74%忘れるそうです。1ヶ月経つと80%も忘れている。何せ1時間後には約半分忘れているので!

人間は「忘れる生き物」なんです。でも、「忘れる」機能は大事ですよね。人生いいことばかりじゃない。イヤなこともたくさんあります。これが忘れられないと、おそらくメンタルをやられてダウンしてしまいますよね!

ここで娘のお勉強の話に戻りますと。。。これから「暗記」しなければいけないことが膨大にあるので、効率よく勉強を進めるには、出来るだけ「長期記憶」に押し込めたいものです。

結局、「反復」しかないのですが、

繰り返し書き取りしているだけ

では覚えられないと思うのです。

なぜなら、何を覚えていて、覚えていないのが何か、分からないから。

やはりテストを挟むのが重要だと思います。

徳川家康、徳川家康。。。と繰り返し書いても、「江戸幕府を開いたのは?」という問いに答えられないと意味がない。

ですので、「反復」と「反復」の間にテストを入れて、何を覚えてないかはっきりさせて、それを集中的に「反復」する方法がいいと思います!

要は、漢字の練習でもそうですが、その漢字を「見ながら」練習しても、本当に暗記できているかどうか怪しいのです。やはりテストを挟んで、初めて何が暗記できていて、何ができていないか、が分かります。

話はズレますが、なぜか忘れない記憶ってありませんか?しかも「反復」していないのに。僕の場合、ある超~!マイナーな「条約」の年号なのですが、ほぼ100%テストに出ない出来事だったので、全く意味がなかったです 笑。

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます!!



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク