汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【中学受験迷走記】旦那元気で留守がいい、は本当!

スポンサーリンク



2017年度全国学力テストを受けた小6と中3の保護者から無作為に抽出したアンケートの結果、親の働き方と子供の学力との関係性が分かってきたそうです。

結論から言いますと、

旦那の帰宅時間が深夜で、妻が専業主婦の家庭が最も学力が高かったそうです。

。。。。

深夜?

旦那の役割って??帰るなってこと??

いやぁ~寂しい結果ですね。

まぁ、分析を聞けばなるほどという感じはします。旦那が深夜帰宅ということは、忙しく働く高学歴・高収入の確率が高い。子供の学力が高いのは、塾に通わせることが出来るほどの高収入だから、としています。また、父親が単身赴任のケースも子供の学力が高いという結果になっており、これも単身赴任=大企業の可能性が高い=高収入という構図です。親が専業主婦なのは、やはり塾の宿題などを毎日こなすには、付きっきりで支える母親がいた方が学力アップには有利だから、とのことです。

つまり、母親は、子供の学力アップに直接貢献しているが、父親は、塾に通うための収入確保など間接的に貢献しているだけってことになりますね。

うちも平日は、奥さんが付きっきりです。まだ低学年なので塾の送り迎えもありますし、毎日、塾の宿題も見てくれています。

僕は、平日はだいたい9時前後に帰宅するので、帰る頃にはさすがに勉強は終わっています。ですので、せめて土日だけでも、奥さんの負担を減らすためにも、ねっとり勉強を教えてあげています。

まぁ、奥さんの負担軽減は口実みたいなもので、正直、土日ぐらい娘の学力アップに直接貢献したい!のです(^^)

どうしても毎日近くにいる奥さんの方が子供に有利になってしまうので、土日だけでもしっかり教えてあげて「パパここにあり!」を示したい。まぁ、これだけです。

あと、娘にとっても、いろいろな「レクチャースタイル」に慣れるという意味もあるかと。うちの奥さんは、どちらかと言えば「一緒に解こう」みたいなスタイルです。一緒に考え、一緒に悩み、一緒に回答を導く、みたいな。対して僕は、昔、塾講をやっていたこともあり、完全に「上から教える」スタイル。当然、教え方やアプローチも全然違うはずなので、娘から見ると、いろいろな考え方に触れることが出来、「頭脳の器」を広げるチャンスになるのかな、と考えています。

今はまだ「詰め込む」時期ではなく、「頭の器」を大きくする時期です。いろいろな「教え方」に触れて、多少混乱してみるのもいいことです。

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク