汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【好きなことで生きる】日々の変化に敏感になる

スポンサーリンク



以前のブログで、興味の対象を次々変えられる好奇心も才能の一つだとお話ししました。「好きなこと」で生きていこうと思っても、なかなか一つのことだけで生きていくのは難しい。たくさんの人が参入してきて過当競争になったら、飯が食えなくなるかもしれません。ですので、いろいろなものに手を出す「好奇心」がないと生き残っていくのは難しいと思います。変化し続けることを苦痛だと思わない人は大丈夫ですが、変化に疲れを感じる人も多いと思うんですよね。(←僕もこのタイプ)。そういう人は、「好きなこと」だけで生きていくには向いていないと思います。

「好きなこと」で生きていくには、あともう一つ重要な能力が必要だと思っています。

没頭」する力です。

これもある程度才能なんじゃないか、と僕は思います。いや「没頭できるものを見つけていないだけだよ。」、「子供の頃を思い出してごらん。何かに没頭していハズだ。」と言われそうですが、自分の40数年間の人生を振り返っても、何かに「没頭」した記憶ってないんですよね。敢えてあげれば、

  • プラモデル

  • ビリヤード

  • ゲーム



には、多少熱中しましたが、こんなの世の中にはもっと「没頭」している人がたくさんいるわけで。しかも、プラモデルとビリヤードは今は全くやっていないですし。ゲームは今でもやっていますが、エンディングまで行かないで止めることも多々あります。。。正直、僕には「没頭」する才能がないのかなぁ、とか考えてしまいます。

ただ、本当にまだ「見つけていない」だけかもしれません。もう少し、その可能性に賭けてみようかなと思っています。

どうしてもサラリーマンやっていると、日常の変化に鈍感になってしまいます。サラリーマンは、日々がルーティンで、かつ、ストレスの多い職業なので「鈍感力」が備わってしまうためです。

まずは、このあたりから改めてみようと思います。何をするわけではありませんが、日々の変化に目を向けてみようと思っています。これだけでも何等か「気づき」があるのではないでしょうか。

僕も中年ながら、「人生を変えてみたい」と思っています。そのために、まずは日々の変化を感知する能力を付けようと考えているわけです。そこから何か「没頭」できるものを見つけて、それが飯のタネになれば幸せですよね?

まだまだ人生諦めないで頑張ろうと思っています!

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます!



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク