汎用リーマンがいく

某旧帝大卒、一部上場企業勤務のその辺にいるサラリーマンです。何でも語りますが、小学生の娘が中学受験の塾に通いだし、最近、自分とは無縁だった中学受験にハマりだしています。

スポンサーリンク

【米国人チャイナドレス】文化は世界平和の邪魔をする?

スポンサーリンク



アメリカの女子高校生が、卒業パーティーでチャイナドレスを着た写真をSNS上にアップしたところ、その写真のせいでネットは炎上、釈明に追い込まれる事態になったそうです。きっかけは、中国系の男性が、「僕の文化はあなたの卒業パーティー用の衣装ではない。チャイナドレスがアメリカの消費者主義の対象になり、白人の需要に応えているのは、植民地支配的な価値体系と同じだ。」と批判したことでした。そして同じような批判がたくさん寄せられたそうです。

要は文化的背景を理解しないで着ることは「着せ替え遊び」で失礼だ。しかも、支配的な文化に属する人がそれをやることは「文化の盗用」だ。と言っているのです。

確かに、過去支配された国vs支配した国や、差別された人種vs差別した人種など、微妙な関係でそういうことがあれば、何となく「失礼だ」と感じる理由は分かります。中国もかつては、欧米列強に植民地支配されていた過去があります。気持ちはよく分かります。

一方で、そんなこと全く気にしない人もかなりいると思います。僕も、別にアメリカ人が「和服」を着てたって、正直何とも思いません。何となく「ちょっと金髪には似合わないかなぁ~」と思うぐらいです。別に文化の盗用だとも思いません。盗用だと言うなら、外国人(特に支配的な)がその文化を利用できないように国を動かせばいいのです。その服を買える状態になっているのだから、外国人が着ることはどうしようもできない。

よく「異文化間の交流」や「歴史、文化の尊重」とか言われます。まぁ、常識的にはそれが正しいのでしょうが、自国の文化も他国の文化も両方とも尊重って無理があるように思えるんですよね。

結局、自分を「重んじる」ってことは、多少なりとも、「他とは違う」と認識することであるので、やはり他とは何等かの「溝」は生じると思います

だったら、いっそのこと、文化なんて無くなればいいじゃん、とも思います。こんなの重んじているから軋轢が起こるんでしょ?世界平和の邪魔になるなら、無用の長物です。

幸いネットで世界がつながっている今の世の中、どんどん文化の独自色は薄れているように感じます。正確に言えば、文化が混ざり合っているのでしょうか?いろいろな色が混ざって一色になるのと同じで、文化も世界中が似たような感じになっていけばいい。

絶対、世界平和に近づきますよ!どこかの国の大統領が「100年たっても被害者だ」とか言ってましたが(すみません、文言間違っているかも)、過去ばかり見ていても何も成長しないですよね。過去に固執することも世界平和を妨げる要因だと思います。

ちょっと乱暴な理論ですかね🤔?



ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク