汎用リーマンがいく

某旧帝大卒、一部上場企業勤務のその辺にいるサラリーマンです。何でも語りますが、小学生の娘が中学受験の塾に通いだし、最近、自分とは無縁だった中学受験にハマりだしています。

スポンサーリンク

おっさん上司のIT格差がヤバすぎる件

スポンサーリンク



このお話はIT企業など先進的な会社には当てはまらないと思いますが、重厚長大系の歴史の長い会社であれば、少なからず抱えている問題だと思います。

僕の感覚では、だいたい50代でしょうか。もちろん個人差も大きいですが、この50歳を境にIT知識に大きな差があると感じます。もう窓際に行った「おっさん」であれば、被害は小さいのでどうでもいいのですが、とりあえず出世街道に乗っている人がやっかいです。この「おっさん」上司の何がたちが悪いって、

別に自分はITスキルを上げる必要はない。部下がやってくれる。

と、当たり前のように思っているところです。僕の知っているITできない「おっさん」上司は、以下のような生態です。

  • タイピングが死ぬほど遅い。ある決まった指しか使っていない。

  • 新しいシステムが導入されると、ろくにマニュアルも読まずに、部下に長時間レクチャーさせる。

  • 何でも紙にプリントアウトする。画面で見ると頭に入ってこない(らしい)。

  • エクセルの簡単な計算式が使えない。よって、DATAの整理にクソ時間がかかる。

  • 基本、難しいグラフ作成は部下に権限移譲 笑。ただ注文は出す。「そこの棒グラフは立体がいいかな~」みたいな。

  • スマホも使えない。例えば「中国ではWeChatが当たり前なので、インストールして下さい。」と言っても、できない。結局部下がやる。

  • パワーポイントの画面をスクリーンに写せない。それだけで毎回数分経過。



例を挙げればキリがないのですが、もう本当。。。

泣けてきます(;_;)

この下らない対応で部下が拘束される時間は。。。かなり膨大

しかし50代は40代と10歳ぐらいしか変わらない。なぜこんなにIT格差があるのでしょうか。今40代の人は、会社に入ったころから既にインターネット、ワード、エクセル、パワーポイントが当たり前の世代。確かに、学生の頃からネットをいじっていた世代ではないので入社当時は苦労したはずですが、とにかく最初からITを駆使して仕事をしていたのが大きいのでしょうか?対して、50代は、入社した頃はまだワープロ専用機ぐらいしかなかった世代です。つまり自分の仕事が軌道に乗ってきた30代のときに、IT化の波が来た感じでしょうか。「自分の仕事のやり方」が確立されてしまった後にIT化が来たため、ついていけなくなったのでしょうね。

ITは、ツールとはいえ、いまや業務効率化には不可欠な存在です。

上司が非効率で組織が効率化するはずないじゃないですか。。。出世の要件にITスキルも入れてほしいよ、全くさ。。。

まぁ、僕も下の世代から同じことを言われている可能性もありますが。。。ITの世界は日進月歩ですからね。

年を取っても、「新しいもの」には常に食いついていく「おっさん」でありたいものです!

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク