汎用リーマンがいく

某旧帝大卒、一部上場企業勤務のその辺にいるサラリーマンです。何でも語りますが、小学生の娘が中学受験の塾に通いだし、最近、自分とは無縁だった中学受験にハマりだしています。

スポンサーリンク

みんな変化より安定を求めているはず

スポンサーリンク



今は「変化の速い時代」ですが、これまでも人間社会は絶え間なく変化してきていました。今までの数々のイノベーションによって、昔とは比較にならないほど、我々の生活水準は大きく上昇しました。今や、ネット、生活家電、高度な医療技術、産業インフラ等の無い生活なんて想像すらできません。我々はこのような高度なテクノロジーに支えられて、便利で快適な日常生活を送ることができます。

まず、日常生活にフォーカスすると、たいていの人は、便利で快適な生活が続くことを熱望していると思います(もちろんそれを望まない人もいることは承知しています)。具体的に言うと、快適な生活を手放すつもりはないので、高度なテクノロジーは享受し続けたいが、生活そのものは「安定」した幸せな波風の立たない生活を望んでいるのだと思うのです。ここに異論のある方はあまりいないと思いますが、いかがでしょうか。

本質的には人間の幸せとは、「安定」志向なのだと思います。好きな人と一緒に楽しく暮らしたり、大好きな趣味に一人で没頭したり、子供のいる人は子供の成長を楽しんだり、自分が楽しいと思うことを続けるために、生活基盤は出来るだけ「安定」していたいと思うのが自然だと思います。端的に言えば、生活するためには金が必要なので、その金をゲットする仕事は「安定」していてほしいと考える人が多いのだと思います。失業を繰り返していたら、好きなこともできませんので。

人々は、より快適な生活を送るため、高度なテクノロジーも欲します。ここが面白いところなんですが、高度なテクノロジーの追求と安定は結構相反すると思うのです。

高度なテクノロジーの追求

イノベーションが起こる社会の容認

イノベーションにより社会が一変

社会構造が激変し、失業リスク増

安定を失うリスク増

ということです。だから、ほとんどの人が安定志向という仮説が正しければ、イノベーションは求めてはいけないのです。しかし、人間とは欲深い生き物。ガンが一瞬で治る薬があったら、誰だって飛びつきます。イノベーションが止まることはないのです。よって、みんなが求める「安定」なんて幻想なのかもしれません。

次にイノベーションについて考えてみます。産業革命だって、エネルギー革命だって、ネットだって、iPhoneだって、世の中を激変させたものは、別に「社会生活をより良くしたい」と思って生まれたわけではないですよね。イノベーションは、どう考えても、個人の欲求から生まれています。

つまり個人の「金持ちになりたい!のし上がりたい!もっと上にいきたい!」というパワーです

その結果として「世の中がより快適」になるだけなんですよね。当たり前です。売れるものをつくりたければ、生活を快適にするものをつくらなくてはいけません。ですので見方を変えると、

一部の「のし上がりたい連中」が起こしたイノベーションのために、我々の「安定」が脅かされている、とも言えます。

イノベーションが起きるたびに、無用になった仕事が消滅していく。。。しかもその頻度が、スピードが上がっていく。。。これから益々、複数の収入源を持っておくことが重要になってくるのでしょうね。「安定」だけを求める適当リーマンには非常に厳しい時代です

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます!



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク