汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

会社を利用して「好きなこと」で生きていこう

スポンサーリンク



この度の大阪地震の被災者の方々にお悔やみとお見舞い申し上げます。まだまだ余震があるかもしれません。関西地区の方はお気を付けください。

今回は、汎用リーマンらしくサラリーマンの話です。皆さんご存知でしょうか?どんどんサラリーマンは増えているです!

2018年現在、サラリーマンは全就業者の89%を占めます。50年前と比べて、なんと25%も増えているのです(1968年63%)。そして、僕が会社に入った頃の20年前と比較して、少子高齢化により、働き手は13%も減っているのに、サラリーマンは10%も増えています。

つまり、今やほとんどの労働者が雇われ者なのです!

総サラリーマン時代

日本からすっかり起業家がいなくなってしまいました。ほとんどの労働者がサラリーマンという今の世の中、これはかなりヤバいです。ご存知のとおり、サラリーマンなんて会社の「歯車」です。何も考えなくても、何もしなくてもいい人種です。大きな会社であれば、所詮1人/数万人。社内で静かに、つつがなく暮らしていれば、毎月のお給料を貰える。上司の顔色さえ窺っていれば一生安泰。現状維持を何よりも望むのがサラリーマンです。

こんな社会でイノベーションなんて起こるはずないですよね!

今はそれでいいかもしれません。思考停止していればいいのですから。ですが、グローバルな時代に、こんな状態で競争力が維持できるわけないじゃないですか。このままだと日本はアジアの国に駆逐され、「ゆでガエル」のように死滅していきます。間違いなく。現在の生活レベルを維持したければ、日本に活気を取り戻さなければいけません。思考停止から脱却しなければいけません。

副業で輝く社会になれば

日本では、少子高齢化が進んでいます。幸か不幸か少子化により、「人手不足」が深刻になってきました。企業も人材をなんとか確保しなければいけないので、昨今の過労死問題や働き方改革も相まって、どんどん「ホワイト化」していきます。そもそも働き手が減っていくのですから、「ブラック」に行く人はいなくなってくるわけです。

企業がどんどん「ホワイト化」するということは、サラリーマンがどんどん楽になっていくことです。残業もパワハラもセクハラもご法度なのです。そりゃ余裕ですよ 笑!

皆さん自分の時間が持てるようになります。

インターネット、SNSが発達した今、個人が世間に簡単に発信できてしまいます。我々一人ひとりが「小メディア」みたいなものです。昔よりも個人で稼ぐチャンスは高くなっているはずですから、増えた自分の時間を有効活用して、どんどん副業にチャレンジしていけばいいじゃないですか!幸いアイデアを考える時間もサラリーマンにはたくさんあります。

つまり、会社を利用して(会社の安定収入を利用して)、自分の「好きなこと」にトライできる時代になってきたわけです。こう考えると、サラリーマンも悪くはありません。何せ安定収入を確保しながら、好きなことに投資する時間があるのですから、ある意味、ノーリスクで新しい舞台にチャレンジできるのです。えらい都合のいい話にも聞こえますが、このような社会になっていき、日本に活気が戻ればいいじゃないですか。

僕も何か新しいアイデアを考えてみたいと思います!おじさんも頑張らなくては!

ではまた。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます(^^♪



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク