汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

セクハラ罪が出来たら、日本は冤罪天国になるぞ

スポンサーリンク



「セクハラ罪という罪は存在しない」の閣議決定について、またマスコミや野党が批判を強めています。相変わらず、この「セクハラ罪という罪は存在しない」部分だけ取り上げて、やれ不適切だ、やれ「セクハラを根絶しようという流れに水を差すもの」、全ての女性が輝く社会にしようという安部政権において、あってはならない発言だ、など批判のオンパレード。何のことはない、野党が「現行法令ではセクハラ罪という罪はないという理解でいいか」と質問したので、「存在しない」と応対しただけ。安部政権、麻生大臣を批判したいだけにしか見えません。MeTooの政治利用と同じ流れ。

セクハラ罪はないのは事実ですが、今日はセクハラ罪があったら、どうなるかについて考えてみたいと思います。

セクハラ罪が成立したら。。。

日本の刑法は罪刑法定主義です。簡単にいうと、犯罪になる行為の内容とその刑罰は、予め明確に規定しておかなければいけない、ということです。一見当たり前のことのように見えますが、国民にどんなことをしたら犯罪に当たるかを予め知らせておくことによって、それ以外は国家権力が国民を不当に縛ることはできないよ、それ以外は自由に行動していいんだよ、という自由主義の趣旨が背景にあります。

ここでセクハラの話しになりますが、セクハラといっても定義がいろいろあります(調べると結構おもしろい)。一番広い(再広義)のセクハラは、「相手方の望まない性的な行為」だそうです。一番広い意味のセクハラでは、加害者と被害者の関係性(上下関係とか)すら着目しないとのことです。ところで「相手方の望まない性的な行為」って。。。意味不明じゃないですか?

  • 相手が望まない→相手の主観で決まる

  • 性的な→相手が性的だと思えばOK

  • 行為→相手が行為だと思えばOK



こんなアホな要件ないですよね。罪刑法定主義の「明確に」に確実に反しています。曖昧すぎ。よってセクハラ罪なんて成立するはずないのですが、何かの間違いで成立してしまったら、日本は冤罪天国になってしまいます。何せ相手が「セクハラだ!」と言えば、はい終了~なんですから。政敵、競合、ライバル、。。。どんな相手でもハメたい放題です。それでなくても日本のマスコミは過去の冤罪を反省しません。国家の監視のためなら、多少の犠牲は致し方なし、という態度。セクハラ罪なんて刑罰を受けたら、マスコミにも殺されますよ~間違いなく。

正しい流れは

「セクハラ罪という犯罪は存在しない」のは事実なんですから、それ以上でもそれ以下でもないのです。セクハラは、ちゃんと強制わいせつ罪や傷害罪(刑事)、名誉棄損(刑事と民事)などの法律で粛々と対応すればいいじゃないですか。セクハラ罪という罪はないが、セクハラは何等かの罪に該当するのですから。「いじめ罪はないといじめられている子供に言えるか?」という論調も、「いじめ罪はない。でも傷害罪で逮捕される。」の方がよっぽどいじめの抑止力になると思います。正しい理解ですし。いじめをすると警察が教室に乗り込んできて、逮捕していかなければいけないんですよ。よく倫理や道徳に期待する向きもありますが、倫理観のように個人差があるものに過度に頼ると冤罪や私刑を生みますよ。しっかりと「罪を犯したら、裁かれる」社会になればいいのです。セクハラ罪、いじめ罪など定義自体が曖昧すぎて、個人の主観でいかようにも解釈できそうなものは極めて危険です。

ではまた。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます(^^♪



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク