汎用リーマンがいく

某旧帝大卒、一部上場企業勤務のその辺にいるサラリーマンです。何でも語りますが、小学生の娘が中学受験の塾に通いだし、最近、自分とは無縁だった中学受験にハマりだしています。

スポンサーリンク

ホリエモンの過当競争は起こらない

スポンサーリンク



「好きなこと」をして飯を食べていこうと考えたとき、まずその好きなことが、「飯のタネ」になるのかと考えると思います。例えば好きなことが、「野球」だった場合、もちろんプロ野球選手で飯を食えれば最高なのでしょうが、そんな確率は超低いので、「野球」関連の何かでいこうと考えるはず。例えば、プロ野球事情のブログを書くとか、youtubeで野球解説するとかでしょうか(発想が貧しい。。。)。例えば、大食いだったら、大食い選手権に出場して賞金を得るとかでしょうが、これも全国区の選手になるのはハードルが高いですよね。であれば、先ほど同様に大食いレポートをyoutubeやブログで発信するとか。。。(他に浮かばない)。趣味が「読書」、「水泳」 、「虫」、「映画鑑賞」。。。いろいろありますが、これ単品で人から収入を得られるレベルの何かができますか?

これらをみていくと、「好きなこと」単品でご飯を食べていくのはかなり難しい。よって、「好きなこと」を何個も同時に進めて、“数打ちゃ当たる”作戦でいくことになります。しかも、「飯のタネ」として永続的なアイテムであればいいですが、そんな素敵なもの、なかなか無いと思います。つまり、定期的に「好きなこと」の入れ替え戦が必要だということです。

確かに、「何かに没頭したことは人間誰でもあるはずだ」(=よって、好きなことがないことはない)のは事実かもしれないが、

  • その「好きなこと」が飯のタネになる

  • 「好きなこと」を何個も同時進行できる

  • 定期的に入れ替え戦できる



この3つができない人は、「好きなこと」で生きていくのは、ほぼ不可能ではないでしょうか。ここまでくると、「あらゆるものに興味がつきない」という才能がなければ無理だと思います。つまり、常に興味の対象がたくさんあり、その対象で飯を食う術を思いつく才覚があり、あっさり興味の対象を変えることができて、それを絶え間なく繰り返す才能です。

すごい才能ですよね!まさに社畜サラリーマンと真逆の才能です。

「好きなこと」で生きていくを実践している人はよく、誰でもできるよ!と言いますが、はっきり言って、誰でもできないですよね。というか、ごく一部のその才能を持った人しかできない。

今は「個人の時代」ですので、会社に属さなくても、個人で稼ぐ環境は昔より遥かに整っています。インターネットの発展は個人の可能性を大きく広げました。それでも「好きなこと」で生きていくだけの収入を得ようと思ったら、相当大変だということ。

みんながみんなホリエモンになれない。

ホリエモンの過当競争も見てみたいですが。。。

もちろん勇気の問題もあります。下らない体裁やプライドに固執し、一歩を踏み出すことができない。でも、どうしてもリスクを考えてしまいます。

やはりまず、自分にそのような才能が備わっているか、向き不向きをチェックする必要があります。

チェックしているうちに人生が終わってしまいそうですが 苦笑。

ではまた。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます!



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク