汎用リーマンがいく

東京勤務の適当サラリーマン。鈍~く世相を語ります。団塊ジュニア世代、北海道出身。某旧帝大卒後、都内の一部上場企業に勤務。

スポンサーリンク

社畜サラリーマンが「属さない勇気」を実践できるか?

スポンサーリンク



おはようございます。ヒロンです。今日は@南京です。中国の地方都市って、観光スポット以外は風景が同じなんですよね〜。だだっ広い土地に大きな道路と高いビルみたいな。

さて、

先日、この本を読みました。

堀江貴文さん「属さない勇気」です。



立派な社畜サラリーマンの僕ですが、結論から言うと、僕の人生を全否定された気分になりました 笑。

要は、「好きなことで生きていけ」ということで、自分もこんな生き方したい!と強く思ったのですが、何せ20年も社畜をしている僕です。今から軌道修正するのはなかなか大変ですが、どんなことからできそうか真剣に考えてみました。

人生コスト

人生コストを抑えれば好きなことに挑みやすい。人生コストとは、家族・家・車・結婚のことです。

これらを諦めることで、2億円弱の人生コストダウンになるそうです。その分、自分のやりたいことに注ぎ込める

僕に関していえば、家以外はゲットしてしまっている。さすがに家族、結婚を今から手放すわけにはいかない。車は、僕個人としては全く必要ないが、妻が重宝しています。主に子供の送り迎え、買い物。正直妻を説得する自信はないです。。。とりあえず、家を持ってないだけで良しとするか。

まわりがやってるからやるはNG

堀江さんに言わせれば、就職も結婚もマイホームも周りと同じことをしたいだけ。周りと比較する悪癖。この悪いくせをなくすには、根本から自分の価値観を疑うことが大事。義務教育で協調性ばかり求められるから、みんな同じようになってしまう。

なるほど。これは激しく同意。自分を変えようと思ったら、人と同じことしてたらダメ。明日から、人と比較することを一切やめてみることにします。決めた。世間の常識に無条件に従うのは止めにします。

身軽になり好きなことで生きていく

上場企業そのものが時代遅れになりつつある。個人で資金を集める方法はあるし、人手だってアウトソーシングで必要なときに集められる。つまり、アイデアと行動力さえあれば、誰でも好きなことで生きていく環境は整いつつある、ということです。

僕は会社を辞める勇気はありません。まずは空き時間で「好きなこと」をやってみたい!と思っています。その好きなことでご飯を食べていければ。。。こんな幸せなことはありません。

いい年して厨二病になろうかな 笑

あとは自分に「没頭」する力があるか。好きなことを徹底的にやり切る力があるか。そこにかかっています。それができれば、道が見えてくるような。

ではまた。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます!



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク