汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

勉強嫌いの新入社員はこれら3つだけやっとけ

スポンサーリンク



今日のお話しは、勉強嫌いな新入社員でもこれだけはやっておかないと先々絶対後悔することを紹介します。

新入社員の方はいま研修中かもしれませんね。会社には様々な職種があります。営業、人事、総務、経理、物流、研究開発、製造など。職種によって仕事内容は全然違いますが、これからお話しすることは、どの職種になろうが、絶対に習得しておいたほうがいいことになります。

逆に言うと(これが口癖の人いませんか? 笑)、この3つさえ押さえておけば、とりあえずサラリーマン世界を泳いでいけます

繰り返しになりますが、勉強嫌いな方限定です。自主的に勉強出来る方、研修大好きな方は、ご自分でどんどんやって下さいませ。

ちなみに私は、適当に20年間サラリーマンをやっていますが、正真正銘の勉強嫌いです。子供の成長だけが生き甲斐で、向上心のかけらもないです。ですから、私も新入社員の頃にこの3つを実践しておけば、より楽なサラリーマン生活を送れたと後悔しています。

財務3表の読み方

どの職種に就いていても、結局皆さん商売をしてるので、利益を上げるのが目標になります。つまり、皆さんの仕事は、直接間接問わず必ず会社の利益にリンクしています。よって、最低限「利益とは何ぞや」が分かっていないといけません。また、将来、職位が高くなればなるほど(会社の中枢にいくほど)、議論の中心は損益の話しになります。当たり前ですよね。利益出して飯食ってるのですから。

売上、限界利益、営業利益、税前利益など用語を理解するのは当然ですが、将来マネージャーになったときのために、出来れば財務3表を読めるようになっておいたほうがいいです。何も経理マンのように解読できるようになれ、とは言ってません(経理を生業にしていないと無理)。

財務3表のそれぞれが何を意味していて、それらがどのように互いにリンクしているのか、を理解するだけでも、より正確に自分の会社の状態を理解できるようなります。

↓僕のおすすめはこの本です。「財務3表一体理解表」です。

会計の本はとにかく難しいイメージですが、この本はかなり平易に書いており、しかも、例えば実際に会社の経営を始めたと仮定して財務3表をつくっていく、みたいな具体例で示してくれるので、相当理解が深まります。

英語の習得

今の時代、残念ながら英語からは逃げられません。なかには英語の嫌いな人、苦手な人もいるとは思いますが、これだけは我慢してやりましょう。いまやっておかないと、絶対に将来後悔します。年取ってから単語を覚えようとしても、記憶力が落ちているので、なかなか覚えられませんよ。やるならいまです。

僕も英語は大っ嫌いです。必要上やむを得ず使っているだけ。本当は使わずに一生を過ごしたいです。

僕の経験では、話せないことよりも、聞こえないことのほうがヤバいです。なにせ、聞こえないと、返事もできないですから!

聞こえないひとは、基本的な英単語・熟語の語彙が少ない+英語の発音についていけない、という症状だと思います。

この本は有名なので皆さんご存知かもしれませんが、語彙力+ヒアリング問題を一気に解決できます。

↓これがお勧め。「DUO 3.0」です。

まず、何が素晴らしいかというと、例文が秀逸です。自然な短文なのに、必要な単語・熟語が濃密に配置されています。まずこの例文を暗記するだけでも相当な英語力がつきます。

地道ですが、

①まず例文の暗記

②次に、別売りのCDで繰り返し例文をきく

③最後に、例文の解説(類義語など)を習得

これだけで、TOEICなら700点ぐらいまではいくと思います。ただ、地道な作業(勉強なんて、そんなものですが)なので、途中で投げ出さないように。。。

文書の書き方

文書の書き方もサラリーマンとして共通の必須技能です。ただし、これはなかなかいい参考書がありません。また、会社によっても正解が違います。

例えば、「~致したく。」で止める文書が好きな会社もあれば、それがNGな会社もあります。

ですので、こればっかりは、先輩や上司からしっかり学ばなければいけません。ただ、日本語として正しい文章なのか、その会社のローカルルールなのか、については普段から考えておいたほうがいい。

どこの会社にも、感動するぐらい素晴らしい文書を書ける人が必ずいます。そういう人からどんどん吸収して下さい。

昔より電話が減って、メールが増えていることから、むしろ文書の重要性は上がっているかもしれません。素敵な文書を書けないと、ベテランになってから苦労します。

ではまた。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます(^^)



↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク