汎用リーマンがいく

東京勤務の適当サラリーマン。鈍~く世相を語ります。団塊ジュニア世代、北海道出身。某旧帝大卒後、都内の一部上場企業に勤務。

スポンサーリンク

お手軽私刑時代(731部隊、#MeToo)

スポンサーリンク

↓押して頂けると励みになります(^ ^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

昨日ネットでニュースを見ていたら、米ボストン大学で教授が20年前のセクハラ行為で告発されたそうです。ハリウッドから始まったMeTooのムーブメントがついに、学問の世界にも波及した格好です。

大学や学会も上下関係の厳しい閉鎖社会なのでセクハラ、パワハラ問題は起きやすい。そのためこのような運動は、大学組織の健全な発展のためにいいことだと思います。

ただ、気になることもあります。今日はそのあたりをお話ししたいと思います。

痴漢えん罪のような危うさ

(前提として、時効を迎えていない刑事事件は別です。)

MeTooが盛り上がっているとはいえ、数十年前のことを、法的手段ではなく、ネットに告発するのは正直問題があると思います。

言うまでもなく、実名で告発された場合、その人は社会から抹殺される可能性があります。仮にそのセクハラ行為が事実だったとしても、法が遡及できないのと同じで、当時起きたことを今の価値観で裁くのはルール違反です。

当時起きたことは、当時の価値観、世論、常識で判断しないといけません。当たり前ですが。

しかし、民衆はだいたい弱いものに同情しますので、特にネット社会では、そんなこと気にせずにセクハラ行為をした人を断罪します。それを場合によってはメディアが取り上げ、大騒ぎとなり、その人は社会的に抹殺されるわけです。

痴漢えん罪と同じ危うさを感じます。

その気になれば、このムーブメントに便乗して、気にくわない相手を、でっち上げで社会的に抹殺することは簡単でしょう。えん罪だと気づいた頃には、既に名誉回復は絶望的みたいな。

推定無罪ですから。人間の理性が問われる問題ですよ。

731部隊の学位剥奪問題も同じ

731部隊は、第二次世界大戦のときに日本の陸軍に存在していた研究機関で、生物兵器の研究、開発を担っていました。そのため当時は人体実験を実施したり、生物兵器を実践で使用したとされています。

731部隊の将校のなかには京都大学に学位をもっている人がいますが、その学位を剥奪しようと運動を起こしている人(たぶん日本人)がいます。

これも先ほどと同じです。なぜ今の価値観で裁く。なぜ遡及する。

国際的に「人道の罪」ができたのは戦後です。その頃ではありません。

戦時下ということを何も考慮していない。戦争です。勝てば原爆を2つぐらい落としても、何ら罪には問われない時代だったのです。勝てば官軍。

みんな国のために戦っていた時代です。生物兵器の開発、人体実験だっておそらくたくさんの国で実施されていたはず。

このような時代的背景を理解せずに、今の価値観でジャッジしようとする。

その当時のことが分からないのか?想像力が欠如しているのか?

それとも何か政治的な背景があるのか。どこかの国(どことは言いませんが)から支援を受けているのか。

政治的背景があった方がまだマシ。

純粋に本気でそう思われていたら、日本人として悲しい。

政治的活動であることを願う今日この頃です。

ではまた。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます(^^)



スポンサーリンク