汎用リーマンがいく

東京勤務の適当サラリーマン。鈍~く世相を語ります。団塊ジュニア世代、北海道出身。某旧帝大卒後、都内の一部上場企業に勤務。

スポンサーリンク

肉食を攻撃するようなヴィーガンは認めない

スポンサーリンク



堀江貴文さんがTwitter上でヴィーガン(絶対菜食主義者)とバトルしています。

この手の極端な習慣に走る「なんちゃら主義者」はあまり得意ではありませんが、それ以上にヴィーガンに興味がわいたのでお話ししたいと思います。

ヴィーガンとは

野菜しか食べない絶対菜食主義者のことですが、様々なタイプがあるようです。

食事から肉食を排除するだけのものもあれば、全ての動物製品の使用を拒否するタイプもあるようです。

また、ヴィーガンになった理由も様々ですが、主に以下の3つがあるようです。

①ヴィーガンが健康食だと考えている

②動物虐待反対の立場から

③環境保護の立場から ※

※畜産業は、膨大な土地と資源を使うので環境に悪いという主張

菜食主義の考え方自体は、古代インドや古代ギリシャ発祥らしいですが、現在は主に欧米でさかんなようです。

ある研究によると、アメリカ、イギリスの人口の2%がヴィーガンです。

アメリカの人口が3億人ぐらいですから、約600万人がヴィーガンという計算になります。かなりの人数ですね!

また、欧米のセレブにも人気で、一種のファッションになっているところもあります。

ヴィーガンは健康なのか

ヴィーガンは、正しくやれば科学的に健康だと証明されていると主張する人も多いですが、ヴィーガン生活を数年間続けたら不健康になったと報告している人もいます。

正直、健康かどうかはよく分かりません。おそらく数代にわたりヴィーガン生活を継続してみないと答えがでないと思います。

例えば、親‐子‐孫と三代にわたりビーガン生活する集団と、従来の食生活の集団を対象実験するとか。

ただ、先日「人体 600万年史」という本を読んだのですが、ヒトは太古の昔から肉を食べており、肉食に適応して進化してきています。

植物に比べて高エネルギーの肉は、人類の発展に不可欠の食物でした。ちなみに祖先のチンパンジーも肉好きです。

この進化の歴史から考えると、人類は本来雑食ですので、ヴィーガンは、明らかに“自然”に反していると思いませんか?

いつか健康上の問題が出てくるような気がしてなりません。

ヴィーガンその他の主張について

②動物虐待反対、③環境保護の理由については、僕としては、それを他人に強制してこなければ、別にどうでもいいです。

思想は人それぞれですので。他人に迷惑をかけない限り静観します。

ただ、「肉食反対!」、「肉食をつぶせ!」みたいな態度でこられると、申し訳ないですが、ヴィーガンを認めるわけにはいきません。

多様性を認めない偏った主張は争いのもとです。滅んでいただくしかないです。

これは偏見でなければいいと思っていますが、どうも「なんちゃら主義」を声高に叫ぶ人は、感情的になりやすい傾向にあるように感じます。

主義主張をするのは悪いことではありませんが、みんなが、冷静に多様性を尊重する議論ができるような社会になってほしいものです。

ではまた。

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク