汎用リーマンがいく

東京勤務の適当サラリーマン。鈍~く世相を語ります。団塊ジュニア世代、北海道出身。某旧帝大卒後、都内の一部上場企業に勤務。

スポンサーリンク

ホワイト企業=働きがいのある会社ではない

スポンサーリンク



おはようございます。ヒロンです。

風が強くてびっくりです。桜も散ってしまいますね。。。

今週は珍しく出張もなく、ぬる~く毎日を過ごしております。

さて、今日は会社をいろいろな面から見ていきたいと思います。

各種ランキング

<ホワイト企業ランキング>

1位:花王

1位:SCSK

1位:SOMPO HD

4位:第一生命HD

5位:日産自動車

※東洋経済調べ。女性や障がい者の活躍度、残業時間、ダイバーシティ推進、定着率などを総合的に評価。

<働きがいのある会社ランキング>

1位:セールスフォース・ドットコム

2位:サントリーHD

3位:P&G

4位:伊藤忠商事

5位:三井物産

※Vorkers調べ。社員、元社員が士気、待遇面、風通し、人事評価の適正さなどを評価。

<計算時給の高い会社ランキング>

1位:三菱商事

2位:伊藤忠商事

3位:ヒューリック

4位:丸紅

5位:三井物産

※東洋経済調べ。年収÷総労働時間。

ホワイト企業がいいわけではない

興味深いのは、これらホワイト企業が、働きがいと計算時給のランキングに入っていないこと。

働きがいと計算時給ランキングに総合商社が多いことに、皆さん気づかれたと思います。

商社マンは、海外勤務も多く、まさに「個人商店」の集まり。

とてもやりがいのある仕事ですが、個人の能力がモロ問われる非常に厳しい世界です。

その分、給料も高いです。計算時給ランキングから分かるとおり、労働時間の割に収入が多いという理想的な職場です。

(ただ、商社マンは出張が多いので、そもそも残業をあまりつけられないのでは?とも感じますが。)

つまり、働きがい、計算時給ランキングに入っていないホワイト企業は、悪い言い方をすると、

(相対的に)給料も高くはなく、働きがいもあるわけではないけど、いい会社。

という、不思議な評価になります。

なんか微妙ですね。。。^^;

ただ、これらホワイト企業をみると、メーカーと保険会社が多く、商社ほど商売が多様ではありません。

(メーカーはモノづくり、保険会社は決まった保険商品を販売)

なので、業態的に「働きがい」が表現しにくいのかもしれません。

でも、ひとついえるのは、厳しい世界に身を置きたければ商社、ぬる~く過ごしたければホワイト企業を選べば問題ないと思います。

ではまた。

本日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク