汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【働き方改革意味なし?】残業は減っていない

スポンサーリンク



おはようございます。ヒロンです。

雪です@神奈川!!!⛄️

まじかぁ。。。3月下旬にもなろうというときに。

びっくりです。

ある会社(Business Insider Japan)が実施した若手・中堅社員へのアンケートによると、約60%がほぼ毎日残業しているとのことです。

残業しないと回答しているのは、わずか16%でした。

60%のうち過労死レベルも何と15%もいたそうです。

働き方改革って何だったの?

って感じですよね。

上司はもっと残業している

上司や先輩は、あなたより残業していますか?との問いには、60%がそう思うと回答。

ただ、そのことに関する若手の意見が辛辣です。

上司、先輩は、

・仕事以外の人生がない

・趣味がない。仕事=趣味

・家に帰ってもやることがない

厳しいですね。

まぁ、僕も、この上司・先輩世代です。

確かに趣味はほぼありませんが、仕事が人生の中心ではありません。

ましてや、仕事が趣味なんてことはあり得ない。お金があれば一瞬で辞めます 笑。

ただ、僕が変であって、この世代は多分入社したときから「モーレツ社員」だったのでしょうから、本当に仕事以外の人生はないのだと思います。

残業が減らない理由

若手・中堅がいう残業が減らない理由は以下です。

第5位:繁忙期である

第4位:人手不足

第3位:風土、文化

第2位:顧客対応

第1位:仕事量が多い

この結果をみると、「働き方改革」は、何ら功を奏していないようですね。

つまり実態は何も変わっていない

昔より残業時間自体は減っているのでしょうが。。。

第2位と第5位の理由は、ある意味致し方ない面もあろうかと思いますが、第1位と第4位から分かることは、結局、景気が悪くないので仕事は増えているが、人材がいない、ということでしょうか。

そういうことであれば、そんな悪い感じではないかもしれません。

少なくとも、“不景気で失業者があふれ、会社も仕事がなくて暇”よりはマシかと。

これから人材不足は慢性化するでしょうから、相当景気が悪くならない限り、この状態は続きそうですね。

しかし、第3位については、変えていかなければいけない部分でしょう。

いまだに、

・上司が帰らないから、自分も帰れない

・定時に帰ると白い目でみられる

・みんな定時に帰らないから、早く帰りにくい

こんな職場がたくさんありそうです。

これはまさに、「ザ・日本企業」ですが、多少強制力を使ってでも、直さないといけないですね。

帰りやすい文化が出来てくれば、それだけでも相当残業は減ると思います。

ではまた。

本日もブログに来て頂き、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク