汎用リーマンがいく

某旧帝大卒、一部上場企業勤務のその辺にいるサラリーマンです。何でも語りますが、小学生の娘が中学受験の塾に通いだし、最近、自分とは無縁だった中学受験にハマりだしています。

スポンサーリンク

子供についてほしい職業ランキング:まさかの1位は。。

スポンサーリンク

おはようございます。ヒロンです。

ひどい二日酔いです。気持ち悪い。

二日酔いを瞬時に直す薬が出来たらノーベル賞ものだと思うのですが。。。どなたか開発してくれないでしょうか。

さて、自分の子供に就いてほしい職業ランキングが出ました(アニヴェルセル総研)。

なんと、今回は、トップ3が、男の子・女の子同じでした。

では、第3位からみていきましょう。

第3位:医者

やはりきました。お医者さん。高収入が見込める上にかっこいいですよね。

人の体を治せるのはお医者さんだけです。そして、どんな権力者もお世話になります。

では、第2位。

第2位:公務員

でっきり1位かと思いました。“安定”の代名詞ですね。

どんな公務員かまで書いていませんでしたが、高級官僚だと仕事も大変ですし、責任も重いので、地方のお気楽公務員の方がいいですね。

給料も悪くないですし。

ただ、試験がありますので、勉強嫌いには厳しいかもしれません。

そして第1位!

第1位:会社員

お~~、まさかの会社員です。これも安定志向の表れなのでしょうかね?いまどき会社員は安定していないと思うのですが。。。

大企業でも不祥事で吹っ飛びますし。皆さん、東芝のニュースなども見ているはずなのですが。

親の心理として、公務員が2位で、会社員が1位が不思議でなりません。

間違いなく安定志向のハズなのに、なぜ会社員が1位なのか?

どんな背景なのか考えてみました。

可能性その1:難易度を考慮した。

公務員、特に高級官僚は難関の公務員試験に合格しなければいけません。もちろん会社員だって有名企業は狭き門ですが、公務員試験合格よりは難易度が低いと思っているのでしょう。

可能性その2:昨今の国会中継を見た。

連日、森友問題のニュースが流れています。答弁に立つ官僚を見て、公務員もつらいよ!と思ったのかもしれません。墓場まで持っていかないといけないマル秘もありそうですし。

可能性その3:収入も考慮した。

高級官僚であれば給料もそれなりに高いですが、大企業にはかないません。安定と収入のバランスを考えて、会社員を選んだのかもしれません。

大卒の生涯年収を調べたら、平均では、公務員も会社員も変わりませんでした。誰もが知っている一流企業を想定しているのでしょうか。

いつの時代も親は子供の安定を望むものです(特に日本人)。

職業で最も人数の多いサラリーマンが最も現実的だと判断したのだと思います。

ただ、子供の職業なので、もう少し夢を見てもいいと思うのですが。。。

ではまた。

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク