汎用リーマンがいく

某旧帝大卒、一部上場企業勤務のその辺にいるサラリーマンです。何でも語りますが、小学生の娘が中学受験の塾に通いだし、最近、自分とは無縁だった中学受験にハマりだしています。

スポンサーリンク

動物虐待と文化を混同してはいけない

スポンサーリンク

動物虐待のニュースに触れると、寂しい気持ちになります。

↓特にこんな虐殺事件は、世間から大きく非難されているとおり、こんな奴ら厳しく罰すればいいと思っています。

ウサギを虐待死させた10代少年2人 「甘すぎる判決」に非難殺到(英) - ネタりか

この記事では、「虐待死」と書いてあります。

虐待死や虐殺は通常人間に使う言葉でしょうから、動物には適していないかもしれません。

ただ、通常の神経を持つ人間は、相手が動物とはいえ、こんな惨たらしい殺し方はできないと思います。

異常殺人者は、まず動物虐待から入ることが多いと聞きますが、おそらく通常の神経ではないのでしょう。

↓しかし、この記事になると話は別です。

中国の「犬肉祭り」が動物虐待かどうかの議論が白熱してる - NAVER まとめ

中国の一部や韓国には、食用の犬を食べる習慣があります。

それを欧米の価値観で避難するのです。

出た! 動物愛護団体です。

犬は人間の重要なパートナー。その犬を食べるなんてけしからん、らしい。

なぜ犬はだめで、牛はOKなんすか?

食用として飼育しているから?

その考え方の方がよっぽど惨い。

狭い牛舎で運動もさせず、ひたすら餌を食べ太らせ殺される運命。

犬を食べるより、虐待度ははるかに高い

止めろ。欧米の価値観で文化を侵食するのは。

といつも思っています。

ペットを食べる(※虐待ではない)のはNGで、牛を食べるのはOK。

これを合理的に説明できますか?

その動物愛護団体様が、一切、食用として飼育されている動物を食べないなら一貫性はある。

更に踏み込むと、なぜ動物はNGで植物はOK?

これも合理的に説明できる方がいたら教えてほしい。

どちらも立派な生物です。

何が言いたいのかというと、

この手の主義主張は単なる“人間のエゴ”なんです。

そのエゴを正義として振りかざすからたちが悪い。

こういうタイプが世界平和を乱すのです。

お互いに価値観を尊重しつつ、踏み込まない。これが重要。

ではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク