汎用リーマンがいく

東京勤務の汎用適当サラリーマン。団塊ジュニア世代。都内の一部上場企業に勤務。日々の出来事、疑問、趣味など雑多に語ります。

スポンサーリンク

なぜオウムの洗脳はダメでキリスト教はいいの?

スポンサーリンク

やっとお休みになりました。

(土日休みのふつーのサラリーマンです)

例によって家族サービス中。

今週は忙しかったので、まったりしたいです(^_^)

皆さんいかがお過ごしでしょうか?



さて、

オウム真理教の地下鉄サリン事件からもう20年以上過ぎました。

オウムは、過激な洗脳やマインドコントロールで信者を増やしていきました。

薬物での幻覚を利用した神秘体験、電気ショックによる記憶操作、怪しげな修行の数々。

最盛期には日本に15000人も信者がいました。

オウムに限らず、カルト教団は、しばしば洗脳を利用して信者を増やしますが、冷静に考えると、

既存宗教の洗脳の方がよっぽどたちが悪い。

カルトの場合、だいたいの場合はいい年した大人に対して洗脳を仕掛けます。

相手も大人ですから、そう簡単に洗脳されません。

ですので、カルト側も手を変え品を変え、ある意味努力して相手を説きます(洗脳します)。

入信してしまった大人も、自分で熟考して、判断して、入信したわけで、洗脳されてたとはいえ、多少は自分自身にも責任があると思います。

しかし、キリスト教やイスラム教など既存宗教は、ほとんどの場合、生まれた時から信者になるべく刷り込まれます

これ以上悪質な洗脳はないですよね?

まだ理性的な判断ができない真っさらな子供に、容赦なく教義が刷り込まれる。

善悪の判断基準が完成する前、もっと深い部分に基礎として宗教が刷り込まれる。

悪寒を感じませんか?

オウムなんてかわいいものです。

ではなぜ世界宗教ならOKなのか?

単に歴史があることと、信者が多いからですよね。

要は数の理論です。

僕は、全世界の国が、18歳になるまで宗教を教えるのを禁止すべきと考えています。

子供のうちに様々な学問を学び、いろいろな経験をして、理性的なジャッジができるようにします。

そして、18歳になってから、自分でしっかり考えて、ここで初めて宗教を選ぶのです

これが理性をもった人間のやるべきことだと思います。

こんな案絶対に通らないことは分かっています。

世界宗教は、あまりに利害関係者が膨大にいるので。

無くなると困る人が多いほど、それが善であれ悪であれ、しぶとく存在し続けます。

世界は当たり前のことが当たり前のように出来ないのです。つまんないですね。

ではまた(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク