汎用リーマンがいく

東京勤務の適当サラリーマン。鈍~く世相を語ります。団塊ジュニア世代、北海道出身。某旧帝大卒後、都内の一部上場企業に勤務。

スポンサーリンク

中国国内線の機内食

スポンサーリンク

昔、日本の国内線✈️の機内食が不味かったのを覚えていますか?

僕は全くグルメではありませんが、さすがにあれは食べられませんでした。

もうメニューすら覚えていませんが。

理由は分かりませんが、最近は国内線では機内食自体あまり見かけなくなりましたよね。

正直、機内食を食べないで、到着地のご当地メシを食べる方がはるかに幸せです。

たぶんその当時は、機内食を出すことがサービスだと認識されていたのでしょうね💧



さて、

中国に出張することが多く、よく中国の国内線にも乗ります。

中国は広大ですので、近場の国内線でも大体2時間前後はかかります。

そして必ず機内食が出るのです!

今日は中国国内線の機内食を紹介します♪

まず、湖南→福建





不思議な骨のない魚がおかずです。

味は。。。なぜ湖南料理はうまいのにこうなるか?

そして、この激辛のふりかけ。さすが四川に次いで辛い湖南料理。



まじに辛い!

となりのおじさんは平気でパクパク食べていましたが。

次は、広州→北京

なんだこれは?



ドキドキ。。。

なんか肉をいためたもの。。味は。。肉🍖

みんなパクパク食べてましたわ。

次は、上海→湖南



チャーハン地獄!

しかも、めっちゃ薄味!

ここ中国だろ?薄味はないだろう(T . T)

すみません、機内食に一言物申したかったのです。

ではまた(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク