汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

働き方改革で本当にやるべきことは業務の偏り解消

スポンサーリンク

おはようございます。ヒロンです。

いま新幹線で滋賀通過中ですが、雪がすごいです!

関東は大丈夫ですかね?ドキドキです。。

さて、

いまやほとんどの企業が何らかのかたちで「働き方改革」に取り組んでいますが、ある調査では、過半数の企業がその効果を感じておらず、従業員の満足も得られていないそうです

『働き方改革の実態調査2017~Future of Workを見据えて~』調査結果を発表|コーポレート:ニュースリリース|デロイト トーマツ グループ|Deloitte

そして、ほとんどの企業が取り組んでいるのは、「長時間労働の是正」です。

「休みを取りやすくなった」と取り組みに満足している社員がいる一方、逆に忙しくなり「帰れなくなった」との不満も多いそうです。

この調査結果から、企業が本当にやるべきことを考えてみたいと思います。

働き方改革の目的

働き方改革の目的に関する企業への調査結果は以下のとおり。

① 87%:生産性の向上

② 76%:従業員の心身の健康向上

③ 74%:従業員満足度の向上

ちょっと同列に並んでいると違和感を感じますが、たぶん②、③を進めることによって、①を実現するんでしょうね。

②、③は手段です。企業なので、そりゃ①が目的だと思います。

逆に②、③を実施しても、①が実現できなかったら、企業としてはやるべき取り組みではないですよね。営利団体ですから。

そしてこの②、③のためにどの企業も躍起になって、「長時間労働の是正」に取り組んでいます。

本当にやるべきことは

長時間労働の是正は確かに重要な取り組みですが、企業のやることは割と単純で、定時に帰らせたり、年休を無理矢理取らせたりと、あまり芸はありません。

もちろん、お題目としては、業務の見直し、仕事のやり方の見直し、に取り組むべき!となりますが、サラリーマンの方はお分かりのとおり、この手の見直し活動は、昔から何度もやってきてるんですよね。

会議の削減、会議時間の設定、資料の削減、整理整頓とか。。。あまたの活動がありました。

で、その成果があったかといえば、微妙ですよね?

なぜか。

結局、仕事のできる社員に業務が偏っているだけだと思うのです

だいたいの取り組みは時短系

みんな早く帰るが、業務量は変わっていない

できる社員に負担集中

できる社員が疲弊

結局、業務の効率が上がらない

このようなロジックかと。

なので、マネージャのすべきことは、業務の平準化だと思います。

平準化の真の目的は、これにより、

できる社員を疲弊させない

こと。

結局、会社って一部のできる社員で回っているのですから。

どう思いますか??

言うは易しで、実行に移すと難しいんですよね〜平準化って💦

ではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク