汎用リーマンがいく

東京勤務の適当サラリーマン。鈍~く世相を語ります。団塊ジュニア世代、北海道出身。某旧帝大卒後、都内の一部上場企業に勤務。

スポンサーリンク

インフルエンザの症状を詳しくお話しします

スポンサーリンク

インフルエンザになってしまいました(T . T)

実は生まれて初めてのインフルです。

いやぁ〜こんなに辛いとは思いませんでした。

僕にとっては、貴重な体験なので詳細をお話しします。

まずは厚労省による解説。

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。

インフルエンザQ&A|厚生労働省

ふむふむ、その通りです(^_^)

では、僕の症状の経過をお話しします。

1月6日(一昨日):

ゴルフだったので5時起き。

朝、シャワーを浴びる時に軽い寒気はありましたが、たいしたことなかったので行きました。

ゴルフ場着。まだ軽い寒気程度。咳が出ていたので、風邪かなあ、と思っていました。

ハーフ過ぎたあたりから、一気に激しい悪寒。

この日は、朝は激寒かったのですが、昼過ぎから日差しもあり、暖かくなりました。

みんな暖かいので上着を脱いでいましたが、僕は死ぬほど寒かったです。

ポイントとして、急激に体調が悪化することです。

ここが普通の風邪との違いでしょうか。

なんとか気合いでプレーを終了。

帰りの電車はもう完全に死亡状態(T . T)

電車のドアが開く度に、ブルブル震えてました。

帰宅して熱を測ると、なんとジャスト40度

この段階でも、インフルを疑いませんでした。

これまでなったことないので。

風邪がうつったら困ると思い、家族の前ではマスクをつけていましたが。

夜ベッドに入っても布団の意味がないくらい寒くて寒くて。。。

症状としては、高熱、激しい悪寒、筋肉痛のような全身の痛み、軽い咳です。

1月7日(昨日):

朝起きて、熱が下がっているだろうと思い、測ると、39.8度

さすがにこれは普通の風邪とは違うと、やっと危機感を持ち、日曜診療している内科を探しました。

9時から診察なので少し早めの8時半に病院着。

既に15人ぐらい待ちがいました。

初診なので症状を紙に記入しましたが、それを看護婦さんが見るやいなや、

『診察前にインフルエンザのチェックをしましょう』

と言われ、すぐにお部屋に通されました。

そこで、かなり細い綿棒みたいなのを鼻の穴の奥にグリグリやられました。

かなり奥まで入れられました(・_・;

ちょっときつかったです、はい。

1時間後診察。

先生から以下の宣告。

『インフルエンザA型です』

人生初インフルになった瞬間です。

タミフルと解熱剤を処方されました。

タミフルは、5日間食後に朝晩一錠。

症状が良くなっても5日分完飲しなさいと言われました。

解熱剤は好きなときに飲んでOK(但し8時間空ける)。

そして、

完全に熱が下がってから2日間は人と極力接しないように』

との指示。

なるほど、人から聞いていたとおりだ(^_^)

早く薬を飲みたくて、病院からの帰り、無理やり外食をして、タミフルと解熱剤を飲みました。

すると信じられないことに1時間後ぐらいには体がすごい楽じゃないですか‼️

家に戻り熱を測ると、なんと36.7度

そりゃ楽になるはずだ。

しかし、夕方になると再び悪寒が。

体温は38.9度。また悪化しました。

おそらくタミフルが効き始めたのではなく、解熱剤で下がっていただけだったみたいです。

だけど、悪寒と高熱で少し辛いものの、タミフル飲む前と比べて体が楽になったように感じます。

夕食後にタミフル1錠飲みました。

腕を布団から出して寝れるようになりました。

症状は、高熱、悪寒(昨日よりマシ)、筋肉痛のような痛み(ただ、これはゴルフによる可能性もあり💧)、軽い咳です。

1月8日(今日):

昨日は、タミフル2錠飲んでいますよね。

タミフルの効果度合いをみるために、昨晩は敢えて解熱剤を飲みませんでした

今朝の体温は、36.5度‼️

ほぼ平熱。おそるべしタミフル。

おそらくこのまま快方に向かうでしょうから、今回はこのあたりで。

異変があったら続報します(^_^)

皆さま、風邪、インフルエンザにはくれぐれも気をつけてください。

ではまた(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク