汎用リーマンがいく

東京勤務の適当サラリーマン。鈍~く世相を語ります。団塊ジュニア世代、北海道出身。某旧帝大卒後、都内の一部上場企業に勤務。

スポンサーリンク

なぜ帰省ラッシュの渋滞はなくならないのか

スポンサーリンク

おはようございます。ヒロンです。

毎年この時期考えさせられるテーマですね、これ。

テレビで見てるだけでウンザリしますよね。

渋滞😩

まず、渋滞は、こんな要因で起こるようです。

◇ 車の台数が多すぎ(通勤時間帯、帰省など)

◇ 細い合流での減速

◇ 登りでの減速(特に高速)

また、道路を広くすることは、渋滞解消には有効ではないことが分かっているらしいです。

(中期的にみれば、広くなった道路に新たな車が流れてくる)

これらから、渋滞解消には、車の台数を減らすことぐらいしか有効な手立てはなさそうなことが分かります。

次に帰省ラッシュ。(Uターンもですね)

まず、帰省という行為自体は、文化的、習慣的、宗教的な活動なので如何ともしがたいかと。

正月休みの時期を多様化することも、夏休みなんかと違い、年末年始自体が固定なので難しい。

そして、帰省ラッシュの渋滞の要因ですが、これはみんなが帰省時に車を使うからに他なりません。

なぜ、車を使うのか?

公共交通機関が高いからでしょうね。

家族4人で、飛行機・新幹線と自家用車で比べてみれば分かりますよね。

そりゃ車がお得。

本気で渋滞を解消しようと思ったら、自家用車での移動を減らして、公共交通機関に流れるようにするしかないように思えます。

では、どうやるか?

まず、車を減らすには、混む時間帯、混む時期、混む地域の高速料金を大幅に上げて、逆の時間帯、時期、地域は大幅に下げる。

海外でもこれやってる国ありますよね。

かなり有効だと聞いてます。

正直、この方法だけでもかなりの渋滞緩和になると思いますが、これに加え、新幹線、飛行機、タクシーの料金が安くなればなお良いですよね。

自家用車を止めるインセンティブになります。

また、公共交通機関の値下げは、観光立国になるためにも重要な方策だと考えます。

海外からの観光客は、やはり、分かりやすく、安価に、気軽に移動できるかどうかを第一に考えていると思うんですよね。

オリンピックも控えてますし、渋滞解消&観光客呼び込みに貢献すると思いますが、如何でしょうか(^_^)

ではまた(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク