汎用リーマンがいく

某旧帝大卒、一部上場企業勤務のその辺にいるサラリーマンです。何でも語りますが、小学生の娘が中学受験の塾に通いだし、最近、自分とは無縁だった中学受験にハマりだしています。

スポンサーリンク

定着率が高い業種は?

スポンサーリンク

とある雑誌が新入社員の定着率が高い会社トップ200を発表しています。

最新の大卒の3年後離職率は32%とのことで、3年間で3人に1人は会社を辞めていることになります。

なんか思っていたよりも多いな、と感じますね。

さて、3年後定着率を業種ごとに見るとこのとおり。

電力・ガス 95.6%(最も高い)

メーカー 91.6%

建設・不動産 87.1%

情報・通信 86.5%

小売り 75.6%(最も低い)

以前、このブログで、勤めるならメーカーがお勧めと言いましたが、やはりメーカー強しです。

「モノづくり」をしている会社はやはり安定感があるのでしょう、定着率が高いですね。

この安定感ってものが曲者でして、これは言い換えると「ヌルさ」とも言えます。

一般のお客と接する小売りとは違い、なんせ自分たちでモノをつくっているので、安心感が違います。

そのモノに頼っていればいいわけで、どうしてもノンビリな社風になってしまうんです。

もちろん、業界によっては競争が激化しているところもたくさんありますし、研究開発を続けていかなければ、生き残れません。

ただ、小売りとの一番の違いは、その「モノ」自体に付加価値があるので、言い方が悪いですが、「モノ」さえつくれれば、黙っていても売れるのです。

(こういうことを言ったら、メーカーの営業さんに怒られそうですが)

小売りではそうはいきません。

デパートを見れば分かるように、様々な創意工夫と努力が無ければ、一般のお客様はものを買ってくれません。

僕は、小売りに携わる方を本当に尊敬します。

悪質クレーマーとか来たら僕には対処できませんもの。

精神衛生の面から考えても、僕は、一般消費者から出来るだけ遠い業界をお勧めします。

ではまた(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク