汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【富岡八幡宮事件】実は宮司は貴重な職業だった

スポンサーリンク

おはようございます(^_^)ヒロンです。

今もテレビでやってますが、富岡八幡宮事件すごいですね。

後継争いが原因らしいです。

日本刀って。。。なかなかドラマでも、ここまで凄惨なのは無いですねえ。

宮司って、神社の長なんですね。⛩

昔は、宮を皇族の住居のことを指し、そこでお務めしていた方を宮司と呼んだらしい。

あ〜古くは蘇我氏が有名な宮司とのこと。

昔、習いましたね。

ありがとう、wiki先生(^_^)

こんな後継争いが起きるほど、美味しい商売なのでしょうか?

宗教法人だから儲かるのですかね。

神社は、全国に8万あるが、なんと7万は無人の神社とのこと。

つまり、1万人しか宮司はおらず、なかなか食べていくのも大変らしい。

確かに少子化で人口は減っていくし、宗教離れもあるでしょうしね。

超有名な神社しか生き残っていけないのでしょう。

富岡八幡宮は、数少ない超有名な神社なのでしょうが、こんな事件が起こるとイメージダウンは免れないでしょう。

ご利益大丈夫か?!となりますよね。

僕は、宗教離れ自体は悪いこととは思わないのですが、日本の伝統が薄れていくのは嫌ですね。

地方地方には、やはり代表的な神社仏閣があり続けてほしいです。

そのためにも、このような生臭い事件は起きてほしくないです。

ただ、かなり特殊な職業だからなあ。

今の若い人がやりたがるようにも思えませんね。

ある程度は、寂れていくのも仕方ないのかもしれません。

残念ですが。。。

ではまた(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

スポンサーリンク