汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

座間市事件でまたSNSが悪役になっているが。

スポンサーリンク

日本でSNSが普及して既に10年が過ぎていると思います。

僕は昔SNSに対しては批判的でした。

当時、気に食わなかったのは、やはりその匿名性です。

匿名なので好き勝手言えるじゃないですか。

こんな責任のない発言に意味なんて無いじゃん、って思ってました。

今でも匿名の弊害はあると思っています。

座間市9遺体事件の影響でSNS規制が叫ばれています。

まぁ、SNSが、出会い系化・自殺サイト化していることは、もともと社会問題になっていたと思います。

SNS規制については、常に「表現の自由」との兼ね合いでどうなのかという議論になりますが、それはちょっと脇に置いておいて、



逆にSNSとその匿名性に救われている人もたくさんいると思うのです。

多分、人間にとって一番絶望的なシチュエーションは、「一人で苦しみ続けること」なのだと思います。

だから、人に親身に聞いてもらいたい、人の意見が欲しい、となるのですが、周りの人(家族、友人、職場)の意見って往々にして、形式的だったり、ありきたりだったり、本質に迫っていないことが多いと思います。

また、人間は、なかなか近場の人には本音を言いにくい。

その点、SNSなら、本人も隠すことなく本音を言える。

返答も親身で、本質に迫ったものが多い。

こういうネットワークで命をつないだ人もかなりたくさんいると思うのです。

このあたりのSNSの価値をもう少し深堀りすべきだと思います。

なかなか定量的には難しいのですが。

ではまた(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク