汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

【就活裏情報】文系・仕事嫌いにおすすめ業界は?

スポンサーリンク

こんにちは。ヒロンです。

いつもブログを訪問頂きありがとうございます(^_^)

たまたまアクセス解析を見ていたら、半分の方がPCから見て頂いていることが分かりました。

実は、僕は、記事をすべてスマホで書いているため、PC画面はノーケアでした。すみません。

このたびPCの画面を見やすくしました⭐️

良かったら覗いてみて下さいませ。

僕は幸い異動だけは結構しているので、今日は他社・他業種とのお付き合いでの情報も含めた、業界別の仕事のイメージをお話しします。

もちろん会社によって社風なり仕事の大変さなりは全然違うと思いますが、業界による違いもとても大きいと思うのです。

就活に役立つかどうかは分かりませんが、僕のようにやる気があまりない方にはいい情報かも。

注) あくまで個人的な感想です(・_・;

  • マスコミ:言うまでもなく非常に忙しい職場。まっすぐだろうが歪んでいようが、ある種の使命感が無いと精神的にも肉体的にも続きません。僕には無理。

  • 商社:これも忙しい。出張多し。また、自分が個人商店化するので責任も重い。僕には無理。

  • 銀行:社内の権力闘争が大変です。半沢直樹の世界は、多少大げさだが、結構そのとおりとのこと。減点主義と足の引っ張り合いの世界が向いているかどうか。僕には無理。

  • 広告代理店:注目を浴びた某社の問題を見れば分かると思いますが激務。僕には絶対無理。

  • メーカー:以下の点からお勧め



<なぜメーカーか?>

  • 自社でモノをつくっているので、本質的にはモノ自体の性能が武器。人の営業スキル等への依存度低い。

  • 業界によるが、BtoBが主なので個人相手に神経をすり減らすことがない(変なクレーマーはいない)。

  • 研究・製造職が出世しそうに思えるが、意外と事務職でもいける(ジェネラリストは価値がある)。

  • 給料があまり高くない分、ワークライフバランスが尊重されている会社が多い。また、福利厚生も手厚い。



他、小売り、運輸、公務員などは知見がありません。すみません。

ということで、

バリバリ働きたくない方には、メーカーがお勧めですかね(^_^)

ではまた(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク