汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

嬉しいことに世界で貧困層は着実に減っている

スポンサーリンク

こんばんは、ヒロンです。

年末に近づいてきて、仕事が忙しくなってきました(T . T)

嫌だなあ。。。

残業嫌い!

さて、

世界銀行のデータによると貧困層の推移は以下のとおり。

1990年 19億人

2012年 9億人

2015年 7億人

喜ばしいことに、貧困層は着実に減っています。

途上国の高い経済成長と貧困を防ぐセーフティーネットへの投資促進が、この背景にあるそうです。

ってことは、貧困撲滅の観点では、経済のグローバル化は正解なんですね。

世界中のお金が有望な成長市場に突っ込まれ、投資家はばっちり金儲けでき、そこの国民も生活レベルが上がる。

まさにWIN-WINのようです。

中国、インド、東南アジア、中南米が典型ですね。

国土が大きく人口が多い国はポテンシャルがあります。

次は我が国の順番だ!みないな。

これらの国、地域が終わったら、次はアフリカでしょうか。

アフリカは難易度が高そうですが、教育の充実、指導者層の腐敗撲滅などが成功すればいけそうです。

そうすると最後には貧困層がいなくなります。

めでたし、めでたしですね(^_^)

人間の儲けるための欲望も、役立つことが分かりました。

ただ。。。待てよ。

成長市場が無くなったら、ダブついたお金はどこに向かうんだろう?

儲けることを諦める?

無いですよね そんなこと。

戦争ではないと思うのです。戦争で儲かるのは一部の人ですし。

基本、平和な方が市場は成長します。

本当に何に投資するんでしょう???

宇宙ビジネス?不死ビジネス?

なんだか分かりませんが、無理やり市場をつくりそうな気がします。市場は民衆がつくるものではなく、投資家、一部の事業家がつくるもの。

民衆がiPhoneを望んだわけではありませんよね。

成熟し切った世界。。。何が起こるのでしょうか?

ではまた。今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます😊

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク