汎用リーマンがいく

団塊ジュニア世代、某旧帝大卒、都内勤務の適当・汎用サラリーマンです。社畜、社会、世相、娘の中学受験など何でも楽しく語ります。

スポンサーリンク

なぜ北欧の国は幸福度ランキング上位常連者なのかな

スポンサーリンク

ただ幸せに暮らせれば何もいらない、僕としては、 気になるのが各国の幸福度。

今年3月に最新の調査結果が出てたんですね。

国連等による「世界幸福度ランキング2017」によるとこんなトップ3。

  • 1位 ノルウェー

  • 2位 デンマーク

  • 3位 アイスランド



北欧強し‼️です。

日本は51位で先進国のなかで最低だったそうです。

経済大国っぷりでは日本の方がすごいんでしょうが、幸福度を測る上で重要なのが福祉の手厚さ。

皆さんの想像どおり北欧諸国は、有名な福祉国家ばかりですね。

その辺が日本との大きい差なんでしょう。

日本って、相対的貧困率高いって言うし。

でも、福祉って金かかりますよね⁉️

他国も金があったらやりそうなもんじゃないですか。

なんで北欧はこんなことできるのか⁉️

こっから先は僕の勝手な推測。

間違ってたら御免なさい。

上の3国から考えて。。。

  • EUという巨大な障壁に守られており、比較的国内の産業や雇用が駆逐されにくい。(アイスランドは、EUに加盟していないらしい)

  • 国内に大きい産業はないが、資源が豊富。(ノルウェーとデンマークは北海油田、アイスランドは漁業?かな)

  • 人口が比較的少ない。



つまり、資源があるからお金をそれなりに持っており、人口が少ないのでみんなにばら撒くことができる。

こんな感じか⁉️

だとすると、福祉国家になれる国は極めて限られていますね(T . T)

悲しいことに。

若いうちはいいかもしれませんが、年老いたら手厚く守ってほしいですよね✨

日本がどうやったら福祉が充実した国になれるか、真剣に考えてみないといけませんね!

ではまた(^^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク